TAROSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ95件目 / 全5816件次へ »
ブログ

任天堂の営業利益はスイッチ好調で10年ぶり高水準

任天堂が31日に発表した2019年4~9月期の連結決算は、営業利益が前年同期比53%増の942億円と、同期間としては2009年4~9月期の1043億円以来10年ぶりの水準を回復したそうです。
家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」本体やソフトの販売増加が寄与したようです。

売上高は14%増の4439億円でスイッチの販売台数は前年同期に比べて37%増の693万台、スイッチ向けゲームソフトの販売本数は39%増の5849万本だったでそうです。
「マリオカート8デラックス」や「大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル」などがけん引したようです。
「ニンテンドー3DS」の販売台数は63%減の37万台と減少したが補ったようです。

純利益は4%減の620億円にとどまり、為替差損を205億円計上したことなどが利益を圧迫したようです。

4~9月期の中間配当は270円とし、年間配当は従来の760円(前期実績は810円)を据え置いたそうです。

2020年3月期の連結業績は従来予想を据え置き、売上高は前期比4%増の1兆2500億円、純利益は7%減の1800億円を見込んでおり、スイッチの今期1800万台との販売予想も据え置いたそうです。

通期の営業利益は上振れしそうな気もしますが、どうなるでしょうね。

7974:38,620円


コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。