投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ56件目 / 全5160件次へ »
ブログ

日本株は米雇用統計待ちで超のつく閑散相場

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

10月4日 金曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、68円高の21410円で取引終了。
9時30分から10時30分まで21300円付近で揉み合った後、揉み合い上放れ。後場も少しずつ右肩上がりになって68円高で取引終了。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆8219億円、出来高は11億345万株。
値上がり銘柄数は1191、値下がり銘柄数は858、変わらずは102銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
22業種が上昇、11業種が下落
上昇率の高い順
石油・石炭、陸運、不動産、空運、サービス

下落率の高い順
銀行、海運、保険、繊維、鉄鋼

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は132、値下がり銘柄数は90、変わらずは3銘柄でした。
上昇率の高い順
日本ハム 3.80%高、東海旅客鉄道 3.69%高、Zホールディングス 3.21%高、ミネベアミツミ 2.66%高、東急不動産HD 2.50%高

下落率の高い順
日揮HD 2.93%安、あおぞら銀行 2.89%安、関西電力 2.32%安、ふくおかFG 1.97%安、アドバンテスト 1.63%安

〇米国株の戻りは好感されますが警戒感あり
335ドル安から122ドル高まで457ドルも買い戻されています。この戻りは好感されますが、指標の悪化で335ドル安まで売られている為、今晩の米雇用統計に対する警戒感は高いはず。

雇用統計が良ければ米国株高で週明けの日本株にプラス材料、逆に悪くて売られっぱなしになれば日本株にマイナスなので、日本株への押し目買いは限定的になると考えていました。とくに、この3日間における米国株は値動きが荒い為、日本株への警戒も強まるのではないかと。

〇欧州株による影響は少ない
ドイツ(DAX)休場、フランス(CAC)0.30%安、イギリス(FTSE)0.63%安。
欧州全体では高安まちまちなので、影響は少ないと考えていました。

〇少し円高で少し売り材料
1ドル107円を割り込み106円90銭付近で推移しています。
107円割れは嫌気されますが、106円後半なら107円台に回復する可能性は十分あるので、少し売り材料になる程度だと考えていました。

〇押し目買いは限定的
上記しています通り、米雇用統計を控えた警戒感ある状況なので、反発狙いの押し目買いは限定的になると考えていました。

〇米雇用統計待ち
本日の日本株は、50円ほど下げた水準で揉み合ってから上放れ。売り込まれることなく68円高となりましたが、東証1部の売買代金は1兆8219億円しかない超のつく閑散相場。

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。