投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ39件目 / 全5081件次へ »
ブログ

東証1部の売買代金はあと5000億円以上(2兆5000・・・

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

8月22日 木曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、9円高の20628円になりました。
欧米株の大幅反発を受けて買いが先行するも、早々に売り込まれてしまい29円高で前引け。後場は前日値を挟む揉み合いのまま9円高で取引終了。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆7275億円で、出来高は9億7435万株。
値上がり銘柄数は841、値下がり銘柄数は1170、変わらずは138銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
20業種が上昇、13業種が下落
上昇率の高い順
化学、水産・農林、証券・商品先物、ゴム、倉庫・運輸

下落率の高い順
石油・石炭、鉱業、精密機器、鉄鋼、パルプ・紙

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は125、値下がり銘柄数は93、変わらずは7銘柄でした。
上昇率の高い順
資生堂 5.55%高、SCREENホールディングス 3.28%高、野村HD 2.27%高、大成建設 2.07%高、横浜ゴム 2.00%高

下落率の高い順
太平洋金属 2.78%安、新生銀行 2.72%安、クラレ 2.46%安、トレンドマイクロ 2.46%安、ソニー 2.40%安

〇米国株の上昇が買い材料
ダウ平均は0.93%高(240ドル高)、ナスダックは0.90%高、S&P500指数は0.82%高。3指数揃って反発。ボーイングだけでダウ平均を56ドル押し上げていますが、それを差し引いても十分な上昇。また、主力の外需が軒並み上昇していることもプラス材料。

上値抵抗まであと100ドルになりましたが、米国株の項で書いていますとおり突破できる可能性は十分あり。これは日本株にとってプラス材料。

米国株の上昇は日本株にとって大きな上昇要因なので、手控えていた投資家も、米国株高を先取りする(買い)動きになってくるかも・・・と考えていましたが、本日は鳴かず飛ばす。

〇欧州株の大幅高も買い材料
ドイツ(DAX)1.30%高、フランス(CAC)1.70%高、イギリス(FTSE)1.11%高。
3市場揃って1%を超える大幅高になっています。これは日本株に大きなプラス材料。

〇「やはり・・・・・売りが出てきたか」

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。