投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ134件目 / 全5155件次へ »
ブログ

相場が荒れた時こそ、落ち着いて検証することが大切

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

8月1日 木曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、19円高の21540円になりました。
米国株の大幅安を受けて売り先行。取引開始から12分で安値となる233円安まで売られますが、11時には前日値を回復。その後は動かなくなり19円高で取引終了。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆2260億円、出来高は13億5643億円
値上がり銘柄数は978、値下がり銘柄数は1062、変わらずは109銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
13業種が上昇、20業種が下落
上昇率の高い順
証券・商品先物、銀行、医薬品、その他製品、その他金融

下落率の高い順
海運、化学、空運、電気・ガス、倉庫・運輸

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は100、値下がり銘柄数は124、変わらずは1銘柄でした。
上昇率の高い順
野村HD 9.02%高、TDK 7.79%高、武田薬品工業 7.40%高、豊田通商 4.89%高、三井E&Sホールディングス 4.89%高

下落率の高い順
東洋製罐グループHD 10.69%安、日本通運 7.95%安、ヤマトHD 7.95%安、東ソー 6.98%安、住友重機械工業 6.36%安

〇米国株の大幅安は売り材料ですが・・・
ダウ平均は1.23%安(333ドル安)、ナスダックは1.19%安、S&P500指数は1.09%安。3指数揃っての大幅安は大きな売り材料ですが、米国株の項で書いています通り、不安や恐怖が支配する大幅安ではありませんから「引けでは、ある程度戻しているかも」と考えていました。

〇長期線がポイントに
75日線、100日線、200日線が21450円付近に集中しています。
寄り付きはこれを下回り、失望売りと見切り売りが膨らむと予想していました。(長期線は強い抵抗なので、これを下抜けると売りが膨らむ傾向にあります。)
但し、その後に買い戻され21450円付近まで戻せば、需給悪化懸念は後退する(売り圧力の低下)と考えていました。

結果は、3本の長期線を回復

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。