投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ170件目 / 全5163件次へ »
ブログ

両方立っても本丸立たず

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

7月16日 火曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、150円安の21535円。
欧米株高でも日本株には慎重姿勢が強まり、安く寄り付いた後は右肩下がりになって159円安で前引け。後場はほとんど動かないまま、150円安で取引終了。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆7423億円、出来高は10億4065万株。
10営業日連続で2兆円割れとなり、これは2016年10月の12営業日2兆円割れに続く記録。
値上がり銘柄数は752、値下がり銘柄数は1302、変わらずは96銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
4業種が上昇、29業種が下落
上昇率の高い順
輸送用機器、その他金融、金属、その他製品

下落率の高い順
石油・石炭、電気・ガス、鉱業、精密機器、パルプ・紙

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は57、値下がり銘柄数は160、変わらずは8銘柄でした。
上昇率の高い順
沖電気工業 4.51%高、サッポロHD 3.37%高、東宝 2.75%高、三井金属鉱業 2.29%高、安川電機 2.19%高

下落率の高い順
カシオ計算機 3.95%安、日揮 3.19%安、IHI 3.11%安、ソニー 3.03%安、ヤフー 2.96%安

〇様子見する投資家とAIが増える
欧米株の展開が買い材料。一方で、日米の決算シーズンを控えて様子見する投資家とAIが増えると考えていました。

〇米国株の展開は買い材料ですが、慎重派は手控える
米国株は連日の過去最高値更新で絶好調。これは日本株にも買い材料ですが、絶好調なだけに注意も必要。

米国では決算シーズンが本格化してきます。
株高で決算へのハードルが高くなっている可能性もあります(米国株が下げれば日本株にも売り材料)。決算前の金融株が売られたことを受けて、「慎重派は日本株を手控えるかも」と考えていました。

〇欧州の展開は買い材料

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。