投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ68件目 / 全4915件次へ »
ブログ

日経平均株価は肝試し相場?

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

4月5日 金曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、82円高の21807円になりました。
取引開始直後に急騰そして急落。その後は、ほとんど動かないまま前引け。後場は21800円付近で同じく動かないまま、82円高で取引終了。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆9652億円、出来高は11億3774万株。
値上がり銘柄数は1311、値下がり銘柄数は729、変わらずは100銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
20業種が上昇、13業種が下落
上昇率の高い順
海運、金属、繊維、その他製品、空運

下落率の高い順
水産・農林、小売、その他金融、食料品、不動産

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は155、値下がり銘柄数は61、変わらずは9銘柄でした。
上昇率の高い順
楽天 6.64%高、川崎汽船 6.58%高、ヤマハ発動機 5.85%高、日東電工 5.00%高、東邦亜鉛 3.45%高

下落率の高い順
セブン&アイHD 3.27%安、ユニー・ファミリーマートHD 2.73%安、日本水産 2.38%安、富士通 2.15%安、アサヒグループHD 2.08%安

〇米国株による影響は限定的
ダウ平均は0.64%高、ナスダックは0.05%安、S&P500指数は0.21%高。
ダウ平均は大きく上昇していますが、ボーイングが半分ほどを占めています。これを踏まえると、S&P500指数ぐらい控えめな見方が良いのではないかと。

〇欧州株による影響も限定的
ドイツ(DAX)0.28%高、フランス(CAC)0.09%安、イギリス(FTSE)0.22%安。少しの値幅で高安まちまちなので、日本株に与える影響は限定的。

〇電気機器と半導体が堅調
米国株では、ハイテク比率の高いナスダックが6日ぶりに反落。前日に大きく上昇していた半導体関連株でも上昇一服するものが多くありました。この展開を受けて、日本株でも電気機器と半導体関連株は上昇一服を予想していましたが、多くの銘柄が上昇。

〇内需関連株が弱い
引き続き、米中貿易協議合意への期待から、外部環境の影響を受けやすい外需関連株が買われています。一方で、ディフェンシブ性の高い内需関連株は売られるものが多くありました。閑散相場なので、新規の資金流入ではなく内需から外需へ資金がシフトしている印象。

〇材料不足で動意薄
大きな材料に乏しいことから、閑散相場になりました。
東証1部の売買代金は2兆円割れ。予想通りの展開です。

〇日経平均株価は肝試し相場?

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。