投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ88件目 / 全4915件次へ »
ブログ

チャートや数字といった見えているもの以外の・・・

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

3月26日 火曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、451円高の21428円になりました。
外部環境の落ち着きと、権利付最終売買日に伴う配当狙いの買いが入り続けて大幅反発。14時30分頃まで、ほぼ一本調子で右肩上がりになりました。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は3兆2338億円、出来高は17億4104万株。
値上がり銘柄数は2001、値下がり銘柄数は116、変わらずは23銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
下げた業種はありません。33業種全てが上昇しました。
上昇率の高い順
陸運、その他製品、金属、倉庫・運輸、建設など

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は220、値下がり銘柄数は4、変わらずは1銘柄でした。
上昇率の高い順
サイバーエージェント 8.02%高、東海旅客鉄道 4.82%高、ユニチカ 4.77%高、第一三共 4.75%高、日本電気硝子 4.64%高

下落率の高い順
あおぞら銀行 1.56%安、ソフトバンクG 0.84%安、ディー・エヌ・エー 0.12%安、住友不動産 0.02%安

〇米国株の展開は少しだけ買い材料
米国株は迷いの相場ですが、前日の下げが一旦止まったことで少しだけ買い材料になると考えていました。

〇欧州株の展開も少しだけ買い材料
ドイツ(DAX)0.15%安、フランス(CAC)0.18%安、イギリス(FTSE)0.42%安。前日の大幅安から、ドイツとフランスは下げ幅縮小。この展開は少しだけ買い材料になると考えていました。

〇ドル円相場の落ち着きも少しだけ買い材料
1ドル110円の攻防が続いています。前日までの急激な円高が今のところ止まっており、これも少しだけ買い材料になると考えていました。

〇本日は権利付最終売買日
前日に650円も下げていることから、配当狙いとしての値ごろ感から買いが入り易いと考えていました。

〇反発を予想
前日の米国株では、ダウ平均1.77%安(460ドル安)、ナスダックは2.50%安、S&P500指数は1.90%安。欧州株では、ドイツ(DAX)1.61%安、フランス(CAC)2.03%安、イギリス(FTSE)2.01%安。そして日本株は650円安(3.01%安)。

日本株だけ突出した下げになっていました。
円高による影響もありましたが、本日の外部環境を踏まえると少し強含むのではないかと考えていました(前日の行き過ぎた下落からの修正)。

〇嬉しい誤算
上記した「少しだけ買い材料」が重なり反発を予想するも、上値追いは限定的だと考えていました。欧米株に強さは無く、ドル円相場も動いていませんから、積極的に上値を追いかける投資家は少ないと。
私が考えていた上値予想は21150円(173円高)でしたが、結果は451円高の21428円。嬉しい誤算になりました。

〇株価が大きく動いた時こそ冷静に

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。