収益性
52
活発度
55
人気度
51
収益量
50
投稿量
93
注目度
59

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ199件目 / 全1770件次へ »
ブログ

デイトレ連勝記録、とーとー途絶える

10/19(月)、前場30分過ぎあたりより参戦。

またまたマゾっぽく、買いでエントリ。

しかし、売り指し値届かず、怒濤の売りに巻き込まれる。

 

カブコムの投資情報室によれば、

本日は中国の経済指標がAM11時に出るので、

イベント思惑が働くかも知れないとのこと。

 

もう悪いのはみんな知っているということで、

都合4枚買い下がっていった。

 

下値の2枚は、売り約定してとれたのだが、

上値の2枚が残ったままとなった。

 

AM11時直前、買い板が突如膨らんで、

「よーい、スタート!」状態となる。

100円ほど瞬時に買い上がっていった日経平均先物であった。

 

スイングの売り1枚を買い戻して、

売り買いとも、なかなか利が乗った状態で出勤。

18,300円まで届いたのを知って、満足する。

 

PM2時頃、職場での昼休みに株価を確認。

なんと弱ーいでしょそれ、もうダレているではないか。

気に入らないので、益のなくなったデイトレ玉2枚をあきらめようと、

買いの都合4枚を少し利の乗った状態で、全部売り払う。

 

これで、デイトレの連勝記録が止まったと思っていたら、

先物の取引履歴を見ると、4枚一度に成り行き処分すると、

4枚がいっしょくたになって決済され、1枚ごとの履歴にはなっていなかった。

なので、ラッキーなことにデイトレとしての負けには入れないことにした。

(スイング決済としての都合「勝ち」に計上されているから)

 

ところが、帰宅後のイブニングで、

今度は売りからエントリするも、

買い指し値を間違えて同値にしてしまったので、

手数料分の負けになってしまった!

 

というわけで、

オイラのデイトレ連勝記録は、

54連勝で幕を閉じたのであった。

 

 

    *

 

ラリー・ウイリアムズが書籍に紹介しているデイトレ手法は、

約定してから株価が予想と逆にいったら、ある一定の基準を決めておいて損切りするという。

(それを多数買い繰り返して、利益のチャンスを最大限にするという手法。とにかくエントリ)

 

オイラの場合には、そこを簡単に損切りせずにスイング玉として残し、

ぎりぎりまで粘ろうという手法だ。

スイング日柄的に、もみ合い相場の場合には威力を発揮するだろう。

(もちろん日中もみ合いで、その日のうちに決着がつく場合もある)

 

けれど、もみ合いという予想が外れた場合には、

損失が大きくなるリスクがある。

(逆に、このスイング玉として残した枚数に、おもわぬ利が乗ることもある)

 

    *

 

ここ3ヶ月間ほど、スイング売買の調子が良かった。

デイトレは、ここ2週間のあいだに、再開したものだ。

こちらも、思わぬ絶好調だったので、

少ない枚数で売買しているにもかかわらず、相当利益が出た。

 

今後の方法としては、

デイトレ手法をもっと開拓するか、今と同じ手法で枚数を増やすか。

 

デイトレの枚数を厚くして、もしも今と同じ程度の勝利が見込めるならば、

スイングの方はオマケというか、デイトレの風向きを知るための風見鶏の役目になる。

スイングで負けても、デイトレの勝ちでおつりが出るような状況が理想だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。