収益性
52
活発度
55
人気度
51
収益量
50
投稿量
93
注目度
60

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ232件目 / 全1770件次へ »
ブログ

凄腕編集長:山田裕樹(ヤマダヒロキ)

こういう凄腕編集長にかかわると、

謙三親分も、大沢親分も、夢枕獏も、みんな子分になっちゃう。

 

この編集長の生まれは、しかも浅草の「稲荷町」!

稲荷なんだジョ~♪

すまん、ちょいとオイラ、興奮してしまった。。

 

この編集長は何が凄いって、

とある作家が持ち込んだ原稿を読んでみて、

「この捨てた部分をもっと広げて、別な作品にしてみよう」

とかアドバイスして、しかも、それをベストセラーにしてしまうところだ。

 

ということは、その作品は完全プロットものではなくって、

半完全プロットともいうべき、大ざっぱにはプロットを決めておいて、

あとはご自由に書いてみました、というスタイルの小説。

 

このタイプの小説の場合、あとから読者に何と非難されようとも、

思いつきプロットの、利用されなかった残骸が残るんだな。

この、置き去りにされたプロットの材料を、

もっと広げたら、それだけでオモロイ小説になるという考え方だ。

 

★「ミステリ編集道」

  新保博久著 本の雑誌社 2,000円+税 2015.5.25.初版第一冊

 

ある意味で、この山田裕樹は、ほとんど小説家なんだな。

ちょいとオイラ、この山田さんに会いたくなってきたんだな。

話してみたら、もんの凄いヒントをもらえそうだからな。

 

 

この書籍の中に、凄腕編集長たちが総勢で13人ほどインタビューされてて。

だれもかれも、みんな作家と同じようにオモロイ。

 

北村薫って、もと編集長な作家だったんだな。

この編集長の中に、北村薫にそそのかれて、夜の町中へドライブに行った輩がいるらしいぞ。。。

 

いや、オイラが驚いているのは、そういう北村薫の本性。

そういう編集長たちのふがいなさに、驚いているわけではないんだ、別にそれ普通だし。

だけど、想像できる状況は、とってもエロいものだからさー。

 

で、北村薫って若いころ、どんなにイイ女だったんだろう???

 

PS:今、けっこう酔って書いている。

   ひょっとしたら思い違いがあるかも知れない。

   (特に北村薫の若いころが、美人だったか、どーだったかとか・・・)

 

   二宮で、一緒に飲みたいでーす。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。