収益性
52
活発度
55
人気度
51
収益量
50
投稿量
93
注目度
60

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ252件目 / 全1769件次へ »
ブログ

「カラマーゾフの兄弟」に出て来るフリーメーソン

「カラマーゾフの兄弟」は、1879年に「ロシア報知」に掲載され、

1880年に単行本として発行されたと、ウィキに書いてあった。

また、ロシア正教会により、「カラマーゾフの兄弟」は高くその内容を評価されているという。

 

新潮文庫の原卓也訳による3巻セット・上巻の終盤部分で、

無神論者・次男イワンと修行僧・三男アレクセイによる会話の中で、

宗教論争が描かれているが、

そこでフリーメーソン、バチカン、アンチキリスト概念が登場している。

 

現代でもその筋の人びとによる話を聴くと、

必ず上記のアンチキリスト概念が含まれている。

 

また、修行僧の身分であるアレクセイは、

世間にはそうしたアンチキリスト概念の存在があると、

ロシア正教会・上部層が話しているのを聴いたことがあるという。

 

「神が存在しなければ、何をしても罪にならない」

 

というアンチキリスト概念は、

ただちに現代のおいても通用しているとしか思えない。

 

次男イワンによれば、

バチカンはキリストを崇めるそぶりをみせながら、

その心中ではキリストを冒涜しているのであり、

キリストを利用して信者を集め、彼らをだまし、

実は悪魔崇拝をしているのだという。

 

こうした錯綜したロジックは、

現代でも色々な組織や場面において利用され、またそうではないかと疑われることだろう。

口で言っていることと、やっていることがまるで違うような場合がそうだし、

スパイ映画でも、こういうロジックはしょっちゅう出てくる。

詐欺師も、そうしたロジックを利用している代表選手だ。

 

なるほど、

「カラマーゾフの兄弟」は現代でもひきずっているテーマを有した作品だというのは、

この一部分だけをみても、真実なようだ。

 

ということは、

オイラが書こうとしている私小説も、

そうしたテーマを延長した問題であると、少なくとも言ってもよさそうだ。

 

「INRI」という立ち位置から、書くつもり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。