収益性
52
活発度
56
人気度
51
収益量
50
投稿量
93
注目度
59

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ443件目 / 全1771件次へ »
ブログ

「恋歌」読了

読みかけの途中、他の書籍に目を奪われて、少し休んでいた。

 

序盤「桜田門外の変」における描写、

雨の中、血みどろな地面に切り落とされた指や耳。

戦のすさまじさを、直裁にではなく間接的に描いていた場面、

朝井まかての剣により、魅了されるあまりオイラも切り刻まれてしまった。

(つかみパーフェクト)

 

しかしその後、話の展開が緩やかになった折、

つい他の書籍に目がくらんだわけ。

 

どこかで、「新宿鮫」のような直接的な戦いの描写を見たかった。

チャンバラを見たかった。

ひょっとして、円月殺法みたいな剣の描写に期待したりした。

が、それはなかった。

 

けれど、読むのを再開してみると、

また話の流れは激流になっていき、

今度はページをめくる手が止まることはなかった。

嵐の前の静けさだったという。

 

構成の巧みさも、精緻な人物・風景描写も、間接的な戦の描写も、

話の合間に絡まる和歌の魅力で、まかての筆力が増幅されているように思えた。

 

登場する人物は、最初さり気なく描かれる。

特に「爺や」がお気に入りだが。

けれど、登場人物のほとんどが途中で豹変するという、

この描き方はポイントだろう。

 

また、登場人物は多いのだが、その濃淡の付け方が絶妙なので、

読んでいて惑うことはほとんどなかった。

 

全面的に、盗ませていただきます。

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。