収益性
52
活発度
56
人気度
51
収益量
50
投稿量
93
注目度
60

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ664件目 / 全1769件次へ »
ブログ

小説と翻訳の関係

小説家と翻訳家の対談。

村上春樹氏と河合隼雄氏の対談並みにオモロイ。

 

★「小説の読み方、書き方、訳し方」

  柴田元幸・高橋源一郎著 河出書房新社 1,400円+税 2009.3.30.初版

 

柴田氏は、村上氏ともプロジェクトを組んだことがあるそうで、有名らしい。

 

海外に紹介したい日本文学では、

高橋氏が

★「桃尻語訳 枕草子」橋本治著 河出出版

を推薦していた。以前にこのブログでも紹介した書籍。

 

また、最近の若手小説家について、

高橋氏が容赦のない批判を浴びせていたのがオモロイ。

(実は、仲が良いからかもしれないが)

 

日本と海外の書籍、伴に翻訳家によって出来が大きく異なるということを聞くと、

翻訳小説というものにも興味がわいてくる。

 

★「東西ミステリー ベスト100」

  週刊文春臨時増刊 1月4日号 800円+税

 

ここには日本のミステリー小説と、欧米の翻訳小説がそれぞれ100ずつ選出されていた。

以前にもそうした企画がなされており、それは1985年のことだという。

伴にリストとなっており、何が降格して昇格したのか考察することにより、

流行の変遷をたどることができる。

 

小説というものを読みこんできていないオイラには、実に興味深いリストだ。

それでも松本清張は何冊か読んできて、特に短編が異様なほど面白いとは思っていた。

しかし1位は、横溝正史氏の「獄門島」でありV2を達成している。

またベスト100に入った現役作家の作品は、どうしても読みたい。

宮部みゆき氏と東野圭吾氏に興味が沸く。

 

翻訳小説では、清水俊二氏と村上春樹氏のふたつの翻訳があるという、

6位に位置づけられた

レイモンド・チャンドラー作「ロング・グッドバイ」をどうしても読んでみたい。

できれば原本も手にできたら、もっとオモロイだろう。

 

他にはジェイムズ・エルロイの「ホワイト・ジャズ」が27位となっており、

この人の文体にハマる人が続出したというので、これもオモロそうだ。

 

どうにもこんなにオモロイことを発見してしまうと、

益々仕事をする時間がもったいないと思えるので、

どーやったら早く帰れるのかばかりを思案することになる。

きっと社長も、喜ぶことだろうw

 

ところで、東野圭吾氏といえば大変な売れっ子作家だが、

そんな彼が記した言葉がまたオモロイ。

その件に関しては、また明日、深夜の部で。

 

PS:ベスト100には既に手に入らない書籍もあるそうで。

   きっと市場では高値がついているのだろう。

   ここが、電子書籍とは違う価値か。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。