収益性
52
活発度
55
人気度
51
収益量
50
投稿量
93
注目度
59

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ786件目 / 全1771件次へ »
ブログ

特許1件1億円以上・・・

今日の閉店前、いつもの大正製薬担当が来た。

オイラと同い年だというその担当とは、不思議とウマが合い、

彼が来るとついつい長話に花が咲いてしまう。

 

どういうわけだろう、突然、彼から特許の話が飛び出した。

 

「うちのセンパアQT錠って、あの口腔内徐崩技術で

 特許に1億円以上かけたんですよ」

「えっ、イ、イチオク円!?」

「ええ、あの溶け方は、ガスター10に負けませんよ」

「自社技術の守りの特許で、1億円もかかるの?

 弁理士団体に先行技術の調査・申請を委託して・・・」

「そーです♪」

 

「それ、ITの話だったらどーなると思う?」

「ITの場合には、もっと安くなるんじゃないですかね」

 

「最近だとさぁ、例えば三菱重工とGEが特許が似てるの似てないのって争ってるでしょ。

 この件は、三菱重工に見込みがありそうみたいだけど、

 知らないで製品売って、あとから特許絡みで訴訟になったら、大変なことになるね。

 TPPとか始まったら、みんな戦々恐々だろうね。

 何となく、モンサントっぽい攻撃が多発しそう」

 

***********************************

今までITに関しても、

「どーしてこんなことくらいプロの開発者は気がつかないんだろー」

くらいのことを思っていたが、

実はその背景に、特許のことが絡んでいて、ままならない現状があるのかもしれない。

 

特許と聞けば、なにやら格好よくて儲かるイメージがあったが、

実態は胡散臭くて、待ち伏せや後出しじゃんけんのオンパレードなのではないか?

 

特許にもいろいろあるが、特に商標権だと、

中国の場合には1件2万円ほどで申請が可能だという。

日本の商標権は特に狙われていて、

例えば地名でいえば「今治」絡みの商標権はほとんど中国に抑えられており、

日本の現地法人が泣きをみているのだとWBSで放送されていた。

 

また、そうした1件2万円の待ち伏せ商標権が当たった場合、

その買い取り価格が6千5百万円になった例があるというから、

笑っちゃうしかない。

 

いやはや、1件2万円から1億円以上にまで渡るほど、

特許の種類やその申請費用も、実に幅広いものだと呆れている次第だ。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。