収益性
50
活発度
59
人気度
53
収益量
50
投稿量
92
注目度
68

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ183件目 / 全1718件次へ »

「シャイニング」けっこう楽しい

文体ライト系、完全プロット型。

スティーブン・キングの長編第三作。

書きたい初心者には、完全プロット型で学ぶより他に仕方がないように思える。

 

ホラーだから怖いというよりも、

たまに出てくる冗談がオモロかったりする。

(下刊冒頭に出てくる”長期滞在者”という表現とか)

 

登場する亡霊として、「犬男」がオイラのお気に入り。

両刀遣いの男性亡霊に惚れてしまい、「犬男」はこき使われる。

哀れな笑いがそこにあったりする。

 

現代が舞台の真面目な小説だと暴力を描くのに苦労するが、

ホラーやファンタジーだと、設定次第で何でもできる。

ある意味で自由。

 

三人家族のあいだで生じる心的葛藤の編み込み方など、

勉強になる。

 

★「シャイニング 上・下」

  スティーブン・キング著 深町眞理子訳 文春文庫

 

総じて、なかなかオモロイ作品ではあったが、

「新宿鮫」ほどではなかった。

 

人間というのは、一度占めた味を忘れることは難しい。

「新宿鮫」のレベルが、きっと高すぎるのだろう。

(他の小説が、気の毒になってくるくらい)

なので、オイラにとってエンタメランキング1位は、

いまだに「新宿鮫」なのだ。

 

    *

 

解説に、桜庭一樹が書いていた。

 

彼女の作品を一度も読んだことはないのだけれど、

「イケメンは絶対に信用できない」

という” 嬉しい ”発言をネットで発見したことがあるので、

実はオイラ、彼女に密かな好意を抱いている。

 

いつだったか稲垣吾郎のTVに出ていて、桜庭の自宅職場が映った。

ものすごい書籍の山になっていて、驚く。

 

彼女がどんな作品を書くのか、知りたいと思う。

 

PS:作中に「かがやき(a shine)」という言葉が出て来る。

   テレパシーのことを意味しているようだ。

   翻訳者の親切なのだろうか、括弧書きで

   「a shine」には「黒人」という意味もあると書いてあった。

   (下刊P.192)

 

   「shinshin」というオイラのハンドルネームに似ているので、

   気になるのと同時に、最近はまっているChaka Khanのことを想った。

 

 

 

 

 

登録日時:2015/07/22(02:43)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。