収益性
50
活発度
59
人気度
52
収益量
50
投稿量
92
注目度
65

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ184件目 / 全1720件次へ »

「荻原魚雷」

行きつけの書店で「荻原魚雷」を初めて目にしたとき、

「新宿鮫」のタイトルを初めて目にしたときのことを思い出した。

 

「新宿鮫」と同じくらいオモロイ小説なのだろうかと思ったら、

それは著者の名前だった。

 

★「書生の処世」

  荻原魚雷(オギワラギョライ)著 本の雑誌社 1,500円+税 2015.6.25.初版第一冊

 

 

帯にはこう書いてある。

「ひまさえあれば本を読み、ひまがなくても本を読む。

 アメリカン・コラムに私小説、ノンフィクションからマンガまで。

 どんな本にも生きるヒントがある ~自由にたのしく暮らすには~」

 

荻原魚雷は、飲んべえだ。

かつ、フリーライターを25年間やってきたという。

 

そんな自分をダメネコっぽく表現しながら、

(そういうところが、読んでいて心地よかったりする)

古本を読みあさるのが大好きで、

とくにエッセーやコラム集をよく紹介している。

 

浅岡久志編訳「ユーモアスケッチ傑作展 全三巻 早川書房」

というのに興味を持った。

この中に、『小説とも随筆ともつかぬ短文』というものが、

無数に散りばめられているらしい。 

(同書 P.176にて)

 

ところで、古本を買うとなるとそれは思いのほか高く、

(8,000円とかするものもあるのだという)

なので、最近ではキンドルでの入手を試みているという。

 

    *

 

「シャイニング」の後に、荻原魚雷を読んだ。

「シャイニング」の父親役ジャックは酒乱で、荻原魚雷は飲んべえだ。

 

なのでオイラも、ちょいと一杯引っかけて、

お次は「ドクター・スリープ」に取りかかるとしよう。

 

 

 

登録日時:2015/07/23(00:35)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。