収益性
0
活発度
0
人気度
52
収益量
0
投稿量
80
注目度
51

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ548件目 / 全1494件次へ »
ブログ

集団的自衛権の意味が分かってない反対派国民(バカ(--;)

 安倍政権の集団的自衛権に関する説明はへたくそすぎ。

 だから、左翼マスコミに言いように捻じ曲げられ、反対派国民が増えている。

 国民もマスコミ論説を鵜呑みにせず、もっと自分の頭で考えなければ自爆です。


  南京大虐殺、731部隊、慰安婦、ゆとり教育、民主党政権(政権交代!)、そして、集団的自衛権、、、同じマスコミに同じ手口で何度もだまされる国民が50%もいるなんて(--;


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


防衛において必要なのは「力の均衡」。

 どんなに憎しみ合っていようと、力が均衡してれば、戦争になる確率は下がる。
 逆に、憎しみ合ってなくても、力に大差があれば、強い方は弱い方を圧迫するようになっていく。

 「力の均衡」は、防衛を確実にするための最低条件と言える。
 しかし、それを単独で成すのは困難である。
 それでは国民皆徴兵制が必要になるし、防衛費も大幅に増やさざるを得なくなる
 だから、多くの国は、利害の一致する国と同盟を結んで、「力の均衡」を保つ
 日本の場合、それは日米同盟である。

 さて、同盟を空洞化させないためにはどうすればよいか?

 それは、同盟を双務的(助け合い的)にしていくことである。
 相手国(米国)が自国(日本)を守る「義務」があるのに、自国は相手国を守る「権利」がない、守ってはいけない、とすればどうだろう?

 そんな身勝手な奴と同盟を結ぶバカはいるだろうか?
 同盟を結んだとしても形だけになり、空洞化、無意味化するだろう。

 集団的自衛権すらない日本は、まさに、そういう身勝手な奴になっている。

 集団的自衛権は、「防衛」の「権利」であって、「義務」ではない。
 「防衛」目的なので、侵略戦争には、当然行使されない。
 「権利」なので、防衛に対しても、行使するも、しないも自由(日本の利益に適うときだけ行使すれば良い)

 それは、「防衛」同盟を維持するための「権利」なのです(「義務」でなく、自国の国益に従って自由に行使できる「権利」)。 

 

 

 その程度の集団的自衛権すらない国と、同盟を結ぶ国はないだろう。 日米同盟だって空洞化していく。
 集団的自衛権がない、もしくは不十分ならば、こと防衛面に関しては、日本は世界から孤立する。 
 これは日本に侵略したい国にとっては非常に都合が良い

 日本のマスコミ多数はなぜ集団的自衛権に反対なのでしょうか??



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 集団的自衛権の権利行使の判断は、時の政権に一任すべきで、そこに事前拘束をかませるべきではない。

 そうでなければ、侵略に即応できない。

 時の政権の判断が、国民益に即さなければ、次の選挙で政権交代させれば良いだけ。


 事前拘束は自衛権の空洞化になり、国民益にならない

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。