収益性
49
活発度
64
人気度
53
収益量
50
投稿量
93
注目度
76

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ319件目 / 全1710件次へ »

養老孟司の不思議体験 動く墓石

元旦に猫に死なれた。享年十八。

猫の墓掘りが新世紀の初仕事だった。

わが家の隣は寺の墓地で、庭を掘ると古い五輪塔の石が出る。

その石の一つを猫の墓石にした。

 

翌日になったら、その石が移動していた。

老齢の猫だったし、最後はヨレヨレで、

死ぬときには人目につかないところに行こうとしたらしいが、

途中で力尽きて倒れた。

だから墓から出るほどの気力はなかったはずである。

 

なぜ墓石が動いたか、いまだにわからない。

 

もともと人間用の墓石だったから、

本来の持ち主が猫嫌いだったのかもしれない。

それなら墓石のほうが猫を嫌って逃げたのである。

 

わが家の裏山を越えると、駆け込み寺の東慶寺である。

隆慶一郎の小説の舞台にもなっている。

ここに小林秀雄の墓がある。

これは鎌倉時代の五輪塔を利用してある。

 

本人が石屋で気に入ったのを買ったらしい。

他人の墓石を使ったこういう先例があるから、

猫に使ってみたが、

墓石にはそれが気に入らなかったのかもしれない。

 

墓が動くというのは、考えてみれば、大きな異変の代名詞である。

 

とはいえ、猫の墓だから、

なにか起こるにしても、たかが猫程度の異変であろう。

いまは置き直した石が無事に収まっている。

 

猫がいないから、妙に元気が出ない。

十八年いると、ほとんど備品である。

(以下略)

**********************************************

 

★「考える読書」

  養老孟司著 双葉新書 870円+税 2014.5.25.第1刷発行

  「お金の使い方(’01年2月)」P.26~27より抜粋

 

この書籍は本来、推理小説の雑誌に投稿された記事を集めた書評集ものなのだが、

中にはこのように、それとはまったく別のエッセイが枕になったものがあったりする。

まだ序盤しか読んでいないのだが、この抜粋部分に猛烈に惹かれた。

 

東慶寺に小林秀雄の墓があるのは知っていたし、

写真で見るとたしかに五輪塔でできている。

けれど、その墓石を小林本人が買い求めたとは知らなんだ。

 

それと、東慶寺の近くに養老孟司が住んでいるというのも驚きだった。

しかも、ひょっとしたら彼は、ムー民一族なのかもしれない。

近いうちに「ムー」編集長の三上は、養老孟司へ取材に行くべきだ。

 

オイラの方は別件で、彼に電話をかけるかもしれない。

彼は村上春樹もよく読み込んでいるようだ。

 

「チューチュー」って、言ってみようかと思っている。

 

 

PS:そうだ、この曲を三上編集長にプレゼントしよう。

   対象が女か男かの違いはあるけれど、取材だってこの歌詞と通ずるものがあるはずだ。

   ラテン調で底抜けに明るい曲風だ。

   西原理恵子の書籍みたいに。

 

   https://www.youtube.com/watch?v=ccdC_EPih2E 

   ★「Get It Right The First Time」 Billy Joel

 

 

 

 

登録日時:2014/06/29(09:33)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。