収益性
83
活発度
49
人気度
67
収益量
73
投稿量
100
注目度
84

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ522件目 / 全3060件次へ »

尖閣竹島問題の影響? 中韓への旅行客数が激減

竹島や尖閣問題の影響が旅行業界を直撃。

 

中国や韓国への旅行客のキャンセルが相次いでいるとか。

元々反日教育しか行っていない土地へ、ノコノコ出かけて行っていたこと自体、どうかとは思うけどね。

 

まあその分、親日の台湾への旅行客が増えたらいいと思うけどね。

 

韓国は前年比4割減ということはほぼ半分ってことですね。

せっかく電通や民主党が親韓煽ってたのに、台無しですね。

 

 

 

 

 

 

韓国、中国には行きたくない?! 尖閣・竹島問題で、個人旅行の予約が4割減

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/120910/wec12091020550009-n1.htm

 

 沖縄県・尖閣諸島や島根県・竹島をめぐる中国、韓国との対立の余波が、関西の旅行会社へも及んできた。ツアーの予約が前年同期に比べ3~4割減に落ち込んだほか、新聞広告を見合わせるなど影響が深刻化しつつある。中国、韓国は日本人旅行者の渡航先ベスト3に入るだけに、旅行会社のダメージは大きく、両国以外のツアーを拡充する動きも出ている。

 日本旅行では、尖閣諸島や竹島問題が再燃した8月下旬以降、中国や韓国の個人パック旅行のキャンセルが相次いだ。関西発着分の9~10月の予約は韓国が前年同期比4割減、中国も同3割減と厳しく、同社は「何らかのてこ入れが必要だ」と頭を抱える。

 阪急交通社も「(中韓の)治安は大丈夫なのか」といった店頭での問い合わせが増えており、8月下旬から中国、韓国方面ツアーの新聞広告を見合わせた。こうした影響は「少なくとも1カ月続く」(担当者)とみて、関西国際空港からの所要時間が韓国・ソウルに近い沖縄や台湾のツアー拡充を急いでいる。

 今回の問題で、旅行会社が懸念を強めるのは修学旅行への影響だ。

 修学旅行の行き先に韓国、中国を選ぶ学校は私立を中心に少なくない。近畿日本ツーリストでは「ぎりぎりまで様子を見て判断する学校が多い」(担当者)と話すが、関係悪化が続くと“中韓外し”が進む可能性もある。

 

 首都圏よりもアジアに近い関西は投資や貿易で中国や韓国との結びつきを強めてきた。それだけに現時点で旅行業界以外では、大きな影響は出ていない。ただ、中国や韓国で事業を展開するアパレル企業の関係者は「社外で大声で会話しないよう注意している」と明かすなど、問題の行方をめぐり産業界も慎重な対応を迫られている。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    韓国 中国
登録日時:2012/09/11(17:22)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2012/09/11(22:27)
    こんばんは。

    まあ自業自得ってところでしょうね。
    私も仕事で韓国に行ったことがありますが、帰りに空港のおみやげ屋にちょっと寄ってみたら店員のおばさんが流暢な日本語で「xxはどうですか?」「安いですよ。」などと話しかけてくるので驚きました。
    日本語が上手なことに驚いたと言うより、どうやって日本人を見分けているのか不思議でした。
    やっぱり日本人客はいいお客様だったのでしょうね。

    あの店員のおばさんは今どうしているのかな?
    仕事なくなっちゃうかもね。

  •  通報する

    2012/09/12(17:10)

    cev86830さん こんにちわ

     

    私も韓国人と日本人を見分けることができますよ

    日本名を名乗っていても、韓国の人だなって見た目でわかるようになりました。

     

    彼らからしたら、純粋な日本人もわかるということでしょう

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。