収益性
84
活発度
49
人気度
63
収益量
74
投稿量
100
注目度
90

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2808件目 / 全3060件次へ »
ブログ

三井住友銀が170億円ずさん融資、大半焦げ付く

なんですかこりゃ。
どこぞの国の呆れたサブプライムローンとやらよりひどいんじゃないですか?

ペーパーカンパニーって、どうせ融資担当者もグルだったんでしょ。
その影に893ありってか。

まあ真相は有耶無耶にされてしまうんでしょうけどね。

情けなくなると同時に、そんな金あるなら預金金利0.01%でいいから上げろってんだよ


http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080313-OYT1T00813.htm
三井住友銀が170億円ずさん融資、大半焦げ付く

 三井住友銀行が東京都内の不動産会社の紹介で約3年間で中小業者六十数社に総額約170億円を融資し、うち100億円以上が回収不能になっていることがわかった。

 六十数社の大半は融資の申し込みの際、偽造された経理書類を提出し、約20社は営業実態のないペーパーカンパニーだった。同銀行では不動産会社社長を刑事告訴することも検討しているが、金融庁は、審査を適正に行っていればチェックできた可能性が高いとして、実態解明のための検査に乗り出した。

 巨額の焦げ付きが出ているのは、企業への事業資金の貸し付けなどを担当する都内の高円寺法人営業部と新宿法人営業2部、神奈川県の鶴見法人営業部。融資先はいずれも不動産会社「コシ・トラスト」(渋谷区)の社長らが紹介し、管理職を含む行員3人が融資を担当した。

 関係者によると、高円寺法人営業部はもともとコ社と取引があり、2003年11月ごろに同社の紹介による中小業者への融資を始めた。担当行員は異動後に融資を後任に引き継ぎ、異動先の鶴見でもコ社から別の融資先の紹介を受けていた。新宿では、この行員とは無関係にコ社絡みの融資を行ったという。

 当初の紹介先は数社程度だったが、約3年で60社以上に増加。融資の名目は事業資金や不動産購入費だった。1回の貸付額は2000万円~2億円で、各営業部の審査をパスしていた。

(2008年3月14日03時08分 読売新聞)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

4件のコメントがあります
  • イメージ
    Osirisさん (52.84point)
    2008/03/14(17:17)
    ああ、情けない。
    この時期に最悪のニュースですね、ヤバい…。
    また新安値となってしまうのか。
  • イメージ
    JP shizuokaさん


    こんにちわ

    情けないを通り越してますよね
    憤りさえ覚えますよ

    ずさん融資っていうところがねぇ
  • イメージ
    こんばんは

    このニュースは今日の引け後ですか?
    他の銀行の株価にも影響しまよねー、しくしく。。。
  • イメージ
    soraironotaneさん


    こんにちわ

    このニュースは昨日始まる前に流れていましたよ
    ただあまり周知されていなかったしれませんけど

    他の銀行どうなんでしょうかね?
    次が出てくれば影響ないとは言えないでしょうね
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。