あさっての投資家さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ407件目 / 全1067件次へ »

心意気と、信頼と。

※またしても…

 この日記には市場・経済・社会に対する考察は全くないのでないのでご注意を。

 

こうちゃんさんの日記
http://minkabu.jp/blog/show/432351
を読んで、なんだか私も好きな言葉や人生訓を書きたくなったので。
 
私の好きな言葉は、
魏徴の「人生意気に感ず、功名誰かまた論ぜん」でした。
 
意訳?すると、
「男の人生は人の心意気に感じ入って歩むものだ。
 名誉など、そんなもん誰が何と言おうと関係ねぇ!」
って感じです。
(厳密な意味・解釈ではないのでご注意を)
 
この言葉だけでも気概が伝わってきますが、
魏徴という男の歩みを知ると、もっと伝わるのではと思います。
 
--------------
 
事の始まりは唐の初代皇帝の死から。 ⇒ 存命中でした。失礼しました。

 

皇帝の子供の間で帝位継承争いが勃発します。
兄である李健成と弟の李正民です。
この時、魏徴は兄:健成のブレーンとして仕えたのですが、
結局、弟:正民が勝利し、健成は殺され、
魏徴も捕らえられて正民の前へ連行されます。
 
正民にしてみれば魏徴は自分を貶めようとした諸悪の根源。
ですから、厳しく問い詰めようとします。
しかし、魏徴は堂々と
「もし皇太子(兄:健成)が私の進言を聞いていたら、
 こうはならなかったでしょうに。」
と言ったそうです。
もちろん、進言とは「正民を殺せ」。
 
もし私が正民の立場だったら、
「なんだと、お前なんぞ処刑してやる!」と言ったでしょうね (^^;)

 

さて、正民はそれを聞いてどうしたでしょう?
 
正民はなんと、
『死を覚悟の上で言うべき事は言う。大した奴だ。』
と思ったのか、魏徴を許したばかりでなく、彼を家臣として採用したのです。
 
魏徴もすごい度胸がありますが、正民の器も大きいですよね。
きっと魏徴は正民の心意気に感じ入ったのではないでしょうか。
 
さて、これには後日談があります。
正民はキレやすい短気な性格だったようですが、
唐の皇帝になったあともその性格はかわらず。
 
でも正民が激怒しても魏徴は何度もそれを諌めたそうです。
お互いに信頼関係があったのですね。
 
--------------

さてさて、わが身を振り返って「功名誰かまた論ぜん」と言えるか否か(^^;)
その辺はご容赦を。 失礼しました~!

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/04/30(10:11)

 通報する

このブログへのコメント

1~4件 / 全4件

  •  通報する

    2012/04/30(19:16)
    あさってさん、こんばんは(^o^)

    > 「男の人生は人の心意気に感じ入って歩むものだ。
    >  名誉など、そんなもん誰が何と言おうと関係ねぇ!」

    あさってさん、男ですね~(^o^)
    カッコいいです!

    > 魏徴という男の歩みを知ると、もっと伝わるのではと思います

    読ませて頂きました。
    すごい世界ですね。
  •  通報する

    2012/04/30(23:47)
    こんばんは^^

    「意気に感ず」
    良いですねぇ。。
    骨太ですね!
  •  通報する

    2012/05/02(21:13)

    こうちゃんさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。
     
    >あさってさん、男ですね~(^o^)
    >カッコいいです!
     
    いえ、あの…
    私の言葉ではなく、魏徴の言葉ですよ、モチロン(^^;)
    私もこんな事を言えたらなぁ…(汗)
     
    >読ませて頂きました。
    >すごい世界ですね。
     
    そうですよね。
    魏徴の度胸も、正民の器も、

    ちょっとで良いから見習わないたい…と思ってはいるのですが(大汗)

  •  通報する

    2012/05/02(21:23)

    Tanpanさん 、こんばんは。
    コメントありがとうございます。
     
    >「意気に感ず」
    >良いですねぇ。。
    >骨太ですね!
     
    そうですよね。
    言うだけなら誰でもいえますが、
    行動が伴っていると唸っちゃいます。

     

    …そうか、私に足りないのは骨太さですね(^^;)ゞ

     

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。