証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

今日は海運株祭りですね

値上がり率ランキング上位見たら、本日は中小海運株がずらり。

 

9115 明治海運 307+80

9130 共栄タンカー 170+41

9113 乾汽船 326+49

9132 第一中央汽船 120+18

9110 NSユナイテッド海運 139+19

 

イランによるホルム海峡閉鎖懸念から、米国を中心に戦争勃発懸念か?

原油高騰し海運市況も高騰というシナリオか?

 

いまのところたいしたニュースになってないが、後場日経等が取り上げたら面白い展開もありうるかも。

時事通信のニュースでは、11:21配信で、

小型海運株が急浮上=イラン情勢で思惑か〔ブル&ベア〕

なんてのも出てる。

 

 

寄り前に株式新聞にこんな記事が。

 

 

<海運市況>大型ばら積み賃料に底入れ感、中国春節明け後に水準訂正も

 

 鉄鉱石などを運搬する大型ばら積み船(ケープ船)の短期用船料(賃料)に底入れ感が強まってきた。23日は主要4航路平均が6630ドル(1日あたり)と前日からほぼ横ばいの水準となった。昨年末以降急激な調整を挟み、直近高値からここ1カ月半で約8割値下がりしたケープ船賃料だが、足元までに海運市場の心理の悪化が一巡した可能性がある。

 ケープ船賃料は昨年12月中旬には3万ドルを超す高値圏で推移していたが、「年末ごろに中国が鉄鉱石の調達を絞り始めた」(邦船大手)ことをきっかけに値崩れが一気に進んだ。また、ブラジルの鉄鉱石産出地帯で大雨被害が発生するなど、天候面への警戒感も用船レートの下落を加速した。

 ただ、ここへきて下落の動きは弱まっている。今年に入り、1日あたりの値下がり率の平均は約9%に達しているが、19日以降は1-4%にとどまる。中国向け荷動きについて、春節(旧正月)の大型連休(28日まで)明けの回復を期待する向きがあることに加え、天候不順も「出荷の大きな弊害とはならない」(海運関係者)とみられているためだ。

 すでにケープ船賃料の先物相場は20日時点で主要限月が軒並み上昇に転じており、1-3月物はいずれも1万ドル前後の水準。「海運マーケットの心理は反発基調に傾いている」(海運情報会社のマリンネット)といい、現物サイドでも春節明け後の持ち直しを予想する見方が強い。(鈴木草太)

   [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
                      提供:モーニングスター社  (2012-01-24 08:59)

 

どちらにしても海運株は低位なうえ、しばらく相場の蚊帳の外にいたから、思惑先行でも面白い存在ではありそう。

一発花火で終わるか、橋のように持続するのか?

二者択一ですね。

当たればでかそうだけど、博打感覚ないと怖いですねw


 

 

 

 

 

 

登録日時:2012/01/24(11:57)

通報する

このブログへのコメント

1~6件 / 全6件

  • 通報する

    2012/01/24(12:29)
    私は遠慮しておきます。
    余裕も度胸もありませんから(^_^;)
  • 通報する

    2012/01/24(12:51)

    Reteckさん こんにちわ

     

    後場下がってきましたね

    全体につられる形で

     

    ネットで拾ったんですが、日本証券新聞によれば中東~日本間の運賃が1か月で24%上昇したと書いてあります。

    収益回復の実態も伴ってきそうですね

  • 通報する

    2012/01/24(18:18)

    特に前場、海運ばかり目立ちましたね。

    急にどうしたことでしょう。

  • 通報する

    2012/01/24(18:21)

    青い熊さん こんにちわ

     

    10時半前後に中小型の海運株全般に仕掛け買いが入りましたね

    どこの大口がやったのかは不明ですが、買いが買いを呼んだのでしょう。

     

    為替も急に円安になってます

    有事のドル買いなのでしょうか?

     

    海運セクターにはプラス材料ですね

  • 通報する

    2012/01/24(22:22)

    ひさっちさん

     

    ホルムズ海峡は一番狭い所でおよそ33Kmほどとのことですが、実際に船舶が通行出来る範囲はかなり狭い範囲に成ると思います。

    イラクが封鎖は大した事ではないということに自分は納得出来ます。

    機雷と潜水艦で塞ぐ事は容易に出来ると思います。

    その様な緊張状態である海域は日本の石油エネルギーのおよそ8割ほど頼っているとのことです。

    そこに危機が迫っているというのに海運会社銘柄に買いが入るという事がやはり不思議です。

     

    そして、もしイランと米軍が局地的な戦闘に入れば即座にイランは撃破されるでしょう。

     

    と、裏を読むと米国とイラクの局地戦で米国圧勝により米国のプレゼンスが拡大するので関連銘柄が上昇するという先読みでしょうかね。

    はて、はて・・・・・

     

    有事のドル買い。

    これは有りますね。

     

  • 通報する

    2012/01/25(16:43)

    青い熊さん こんにちわ

     

    ホルムズ海峡を実際に封鎖したら戦争でしょうが、戦力考えたら圧倒的にアメリカ中心の連合軍に分があるから、イランも馬鹿じゃないでしょう。

     

    脅かし続けることで、危機への思惑から運賃だけが高騰。

     

    ただイラン産原油の輸入禁止が行われる夏以降の事態は読めませんが、今は煽って買う方が勝っているのでしょう。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+12.7%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

79.3 20.7
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,765.47

▲ +268.78

TOPIX

1,512.69

▲ +22.07

JASDAQ総合指数

118.76

▲ +0.07

米ドル/円

113.40

▼ -0.34

ユーロ/円

122.22

▼ -0.09

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ