ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ815件目 / 全3060件次へ »

暴落オリンパス株の空売りで22億円の利益 GSの神業

暴落中のオリンパス株に大量の空売りを掛け、反転前に買い戻す神業の手口で22億円の利益を出したと推定されるゴールドマンサックス。

 

毎度毎度凄いですな

 

それに引き換え、今回500万株を超える空売りを抱えたままの外資もいましたっけw

 

どうすんだろw

 

ちなみに始まったADRで、オリンパス株800円超えてますね。

 

また今日もストップ高しちゃうのかなw

 

今日ザラ場商いなくストップ高なら、明日は上限2倍で、ストップ高が1040円になっちゃいますが、その場合、売り豚の皆さんどうするんでしょうね

 

 

 

 

 

 

 

“暴落”オリンパス株で利益20億円超…ゴールドマン凄すぎる手口

http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20111115/inv1111151226002-n1.htm

 

 この1カ月、オリンパス株の暴落で多くの株主が損失を抱えたが、世界最強の投資銀行と呼ばれる米ゴールドマン・サックスはひと味違った。株価の下落でも儲かる「空売り」をいち早く仕掛け、底打ち直前に買い戻すという売買を神業のようなタイミングで実行した。一連の取引で22億円前後の利益を上げたという計算もできる。その凄すぎる手口とは?

 オリンパスをめぐる騒動の発端は10月14日、マイケル・ウッドフォード氏(51)が突如、社長を解任されたことだった。ゴールドマンはその前日の13日、オリンパス株を約83万株空売りしている。同日の終値2482円で計算すると20億円超の売りを一気に出したことになる。

 空売りとは株を持たずに、ほかから借りてきて売却すること。株価の下落が予測されるときに使う手法で、値下がりした際に買い戻すことで、その差額が利益となる。

 東京証券取引所は証券会社などが空売りした銘柄や株数の残高を日々公表している。それをみると、ゴールドマンは13日以降、一定程度買い戻しながらも、空売りを増やし続けている。

 この手口について、ある国内証券マンは「ウッドフォード氏が経営陣を告発するのを聞いて、事態は深刻ということで、どんどん売りを増やしていった印象だ」と解説する。

 オリンパスが損失隠しを認め、株価がストップ安の734円まで下落した11月8日の時点で、ゴールドマンによるオリンパス株の空売り残高は194万株とピークに達した。ところが株価が584円まで下落した翌9日の時点で残高は4万株強にまで一気に激減する。この時点で大量に買い戻したということになる。

 同社の株価は11日に460円まで下げたが、週明け14日には上場維持観測が広がったことからストップ高の540円まで反転した。ゴールドマンは暴落前に空売りを入れて、底打ち直前に買い戻している。

 この間の収支を終値ベースで計算すると、オリンパス株を空売りした額は約40億円、一方で買い戻した額は約18億円。実際には、現物株の買いなどを組み合わせている可能性もあり単純ではないが、空売りと買い戻しに限れば、差し引き約22億円の利益と計算できる。

 前出の証券マンは、「株価の下値メドはまず半値、次は八掛け、そして2割引とされる。上値を2000円とすると下値は640円。投資の基本に忠実に買い戻したとも考えられる」という。

登録日時:2011/11/16(00:15)

 通報する

このブログへのコメント

1~4件 / 全4件

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。