収益性
82
活発度
50
人気度
61
収益量
74
投稿量
100
注目度
100

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ829件目 / 全3060件次へ »
ブログ

ギリシャ危機 ご当人たちは「なんとかなるさ」で昼から酒

全くふざけた野郎たちだわ。

 

こういうやつらはさっさと○して欲しいわ。

ただの蛆虫と変わらん。

 

 

>それで仏・独などEU諸国に迷惑をかけずに食べていければいいが、高い税金で四苦八苦し、さらに怠け者の国へ支援では堪ったものではない。

 

 

この文中の表現が全てを物語っているわな。

 

 

 

 

 

 

ギリシャ危機ご当人たちは「なんとかなるさ」で昼から酒―現地レポート

http://www.j-cast.com/tv/2011/10/31111630.html?p=all

 

  リポーターの岸本哲也が混迷ギリシャを先週(2011年10月)、1週間かけて取材してきた。独・仏などEU諸国の懸命の支援の一方で、なぜかギリシャ国民は政府の緊縮財政策に反発し、建設的とは思えないデモばかりが目立つ。

   首都アテネに入った岸本がまず見たものは、まだ昼さがりというのにオープンテラスで談笑しながら酒を飲み食事をする大勢のアテネ市民の姿。賃金カット、年金引き下げなどどこ吹く風といった具合だ。

「世界がギリシャを見捨てるわけがない」

   そのアテネで出合ったのが土産物店で働く河田和美(61)。客が商品4個を手に持ってレジへ向かおうとすると、すぐさま「チョット、日本では4はラッキーナンバーじゃないから5つにして」。売り込み方も年季が入っている。ところが、そばにいる男性スタッフはにやにや傍観するだけ。



   その男性スタッフに今後の生活に不安はないか聞くと、返ってきた答えが「世界がギリシャを見捨てるわけがないじゃないか。なんたってすべての文明はギリシャから始まったんだ。仕事なんてどこにでもある。そのときが来ればわれわれは奴隷のように働くさ」

   このやり取りを聞いていた河田が、「(世界が)自分たちをほっとかない。ギリシャ人はそれが現にあるんですよ。ああ言えばこう言う。話が終わらないってわかります? 理屈だけ。本当にできるかって!」

   ギリシャ人の家具職人の夫と日本で出会い、ギリシャに渡ったのが38年前。夫の2000ユーロの給料が今は半分に減った。住宅ローンがまだ14年間も残っているという。出張中の夫に電話で「娘の誕生日だったけど覚えていた?」。夫は予想通り「アッ、忘れた」。河田は「私に任せていればどうにかやるでしょうという感じ。無責任」と吐き捨てた。

古代遺跡で食べている国なのに落書きだらけ

   司会の小倉智昭「古代遺跡で食べている国なのに、落書きだらけで。遺跡も。なにを考えているのかこの国の人は、と思わなかった?」

   これに岸本は「文化を誇りに思っていて、非常にゆっくりのんびりしていておおらか。人生をめいっぱい楽しもうという姿勢ですね」

   それで仏・独などEU諸国に迷惑をかけずに食べていければいいが、高い税金で四苦八苦し、さらに怠け者の国へ支援では堪ったものではない。

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
2件のコメントがあります
  • イメージ
    nyajyaraさん (0.01point)
    2011/11/01(22:23)

    日本も中国やいろんな国から寄生されて、食いつぶされそうになっています。

     

    中国なんてDNPが世界第2位になってもまだODAを催促していて、ある意味ギリシャより最悪だ。さらに、技術は盗むは、日本向けの食品に毒物は仕込むは、国連の常連国に日本がなるのを阻止するは・・・やりたい方題だ!

     

     

     

     

  • イメージ

    nyajaraさん こんにちわ

     

    >日本も中国やいろんな国から寄生されて、食いつぶされそうになっています。

     

    少なくとも民主党になってから露骨な気がします

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。