収益性
82
活発度
50
人気度
61
収益量
74
投稿量
100
注目度
82

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ896件目 / 全3060件次へ »
ブログ

ギリシャ2年物国債の利回り 年44%と過去最高に

ギリシャ国債2年物の利回りが44%というとんでもない高利回りになりました。

 

フィンランドとギリシャの間の取り決めが影響らしいですが、担保求めて何が悪いんだろう?

 

それにしても44%ってすごい利回りだな。

闇金真っ青な高利回りですやん。

どうやって返すのかね?

 

いつ倒産してもおかしくない低位ボロ株で勝負できる人間なら、ギリシャ国債は勝負欠けても面白いかもね。

 

 

 

 

 

欧州債:ギリシャ債下落、2年債利回り44%超-新救済策の遅延警戒

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=aSgNHBqQCqxo

 

 8月24日(ブルームバーグ):24日の欧州債市場ではギリシャ2年債相場が下落。同利回りはユーロ導入以後の最高を記録した。ユーロ導入国間の融資担保をめぐる対立で、第2次ギリシャ支援策の実施が遅れるとの懸念が背景にある。

  イタリア2年債も軟調。欧州中央銀行(ECB)がこの日も同国債を購入したものの、イタリアが週内に105億ユーロ相当の国債を発行することが材料視された。取引を知る関係者によれば、ECBはスペイン国債も購入した。

  ギリシャ国債の利回りは16日以降、急騰している。同日、フィンランドはギリシャへの融資の返済を確実にするため、ギリシャとの取り決めを発表した。フィンランドのこうした姿勢に対する他のユーロ導入国からの批判が高まった。この日はドイツ国債も下げた。同国は10年債入札を実施した。

  コメルツ銀行の債券戦略責任者、クリストフ・リーガー氏(フランクフルト在勤)は「市場では第2次支援策が実施されないとの懸念がある」と述べ、「フィンランドが取り決めに固執して担保を求めた場合、手詰まり状態に陥るだろう」と続けた。

  ロンドン時間午後3時58分現在、ギリシャ2年債利回りは前日比で4ポイント余り上げ、過去最高の44.08%となった。同国債(表面利率4.6%、2013年5月償還)価格は3.06下げ57.99。

  イタリア2年債利回りは4bp上昇の3.39%。同国の10年債利回りも4bp上げ5.04%。スペイン10年債利回りは2bp上昇し5.01%となった。

  独10年債利回りは前日比5bp上げ2.21%。18日には過去最低となる2.03%まで下げていた。独政府は2021年9月償還債(表面利率2.25%)を49億ユーロ発行。平均落札利回りは2.15%、応札倍率は1.44倍となった。7月13日の前回入札ではそれぞれ2.70%、1.16倍だった。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。