収益性
50
活発度
0
人気度
53
収益量
50
投稿量
100
注目度
49

瀬谷空悠太郎さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ103件目 / 全525件次へ »
ブログ

NYダウ反発して日経スタート

日経平均は反発してスタートしたものの、早くも終値に並ぶ。
NTTがナゾの売り気配スタート。
ファンドなどの売りがでているのか。
ちょっとこの売り圧力には買い迎えない。
日経平均はプラスだが、大型株の売り圧力がだいぶ強いように見える。
これはテクニカルなど考えてトレードすると大失敗する可能性。

10:00
NTTが今期見通しの1株利益377.87円に対して3770円をつけた。
NTTがPER10倍割れ。NTTのPER10倍割れはおそらく2009年3月以来。

10:30
ゴールドマンサックスのエコノミストが「8月までにユーロドルは1.35くらいまでリバウンドする」などとレポート。
おそらく、テクニカル的な話であろう。月足をみても大陰線のあとに陽線2つくらい引いてもおかしくはない。
10:30現在1.25を少し割れた程度の水準。
もう一度1.21を試すような気がしないでもないが、日足的には1.35までリバウンド調整しても確かにおかしくはない。
もし1.35まで戻すようなことがあるならば、7月、8月頃まで日経は反発していると予想する。+そこは、絶好のショートポイントとなるだろう。
この通りだと2004年のチャートを再現しそうな雰囲気も。
ユーロドルが1.27に乗せてしまうとショートが多いだけに勢いがつきそうだが、結果はいかに。

11:20
楽観は禁物だが、高金利通貨のチャートがじょじょに反発基調に変化しはじめている。豪円が75.5を超えてくるとリスク先行が鮮明になってくる。今現在74.5。
香港HS株価指数先物は、21日22時頃に18710くらいまで下落したが、今現在19600を突破。底値圏から1時間足が転換したことで買い戻し勢いがすさまじい。

12:10
大型株に成行き注文が多いが、どこかのファンドか強制決済でもされているのか。
円安で反発しないと日本売りということになる。内需関係も軒並み下落。

13:00
後場寄り、強制決済がそこそこでたとの噂。
明日、たいした強制決済がなければ、もしかしするともしかする。

信用買い整理が進んだ新興銘柄がじわじわ上昇している。

13:30
日経平均プラスに転じる。ファンダメンタルは売りだろうが、あまりにも全体がショート目線に傾きすぎ。いったん調整だろう。

17:30
再びユーロ安。しかし、以前のように、豪ドルがユーロの下げ幅を上回っていないところをみるとマインドは幾分マシなよう。
ユーロ安に反応しない地合いになれば、内需株が買いやすくなるのだが。
1.243付近は前回の高値。ここから切り返せないようだと明日は大幅安か。豪円が先週と比べて強さを見せていることは多少、安心感があるが楽観できない。
外資系証券の本日の日経平均の売買はまちまち。大幅に売りに傾けている動きもないので、個別物色になりそう。

19:15
なんとか耐えていたクロス円だが、ユーロ安に耐え切れなくなり、チャートが崩れ始める。崩れが顕著になると豪円も下げが早くなった。
短期的なWボトムを確認しにいくのか。案外あっさり割れてしまう可能性も。

21:20
世界の株価がユーロ安に鈍感になりはじめている。ユーロが安値更新してもほとんど垂れず。

21:45
アメリカタイムに入り横ばい推移が続いていたようだが、ここにきて、円安方向へ攻めはじめている。
23時頃まで何事もなければ、たぶん↑。

23:00
22:30にユーロ、ダウ先に売り圧力。値動きがかなり激しくなっている。
日経も簡単に20pipくらいぶっとぶ相場に。
23:00指標がよかったにも関わらず売り込まれる場面があったが、売り買い交錯。良指標で買い迎えないのはまずい。引け値が注目される。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
2件のコメントがあります
  • イメージ
    yoc1234さん (555.59point)
    2010/05/24(23:11)
    こんばんは。
    英国ドイツと金融引き締めをしてしまい。
    緊縮予算になりそうです。
    火事場で水道のホースの出口を小さくしてるようなものです。
    水がもったいないか、家がもったいないか一体どっちなんでしょう。
  • イメージ
    おはようございます。

    結局続落でしたね。
    ここにきて朝鮮情勢も緊迫してきました。
    騰落レシオは70%ということで好材料1発で相場反転になる頃ですが、また50%台まで突っ込む異例の安さも想定できるので、今回も底で掴むのはきっと、むずかしいでしょうね。
    下値割れが続く以上、日計りオンリーで様子見です。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。