収益性
81
活発度
49
人気度
68
収益量
73
投稿量
100
注目度
92

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2342件目 / 全3060件次へ »

勝ち組と思われていたシャープまでもが赤字とは

東芝、ソニー、日立、NECと散々たる決算が続きましたが、勝ち組と思われていた(思っていた)シャープまでもが赤字転落とのニュースに少々衝撃を覚えました。

月曜はタダではすまなさそうな気が・・・

液晶テレビの値段も崩れていると聞くし、どうなっちゃうんでしょうね。




シャープ最終赤字へ 3月業績予想追加下方修正
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090131/biz0901311240005-n1.htm

 シャープが平成21年3月期の連結業績予想について、昨年10月時点で600億円とみていた最終損益が赤字に転落する見通しになったことが31日、わかった。保有株の評価損が膨らんだほか、世界的な景気悪化の直撃を受け、液晶テレビの業績が急速に悪化、円高にも足を引っ張られた。

 大手電機各社では、日立製作所が21年3月期連結決算予想を下方修正、最終損益が7000億円の赤字になる見通しを発表。パナソニックも大幅な赤字になる見通しなど、業績が軒並み悪化。比較的堅調に推移していたシャープの最終赤字転落は一段と厳しくなる経済情勢を反映したものだ。

 シャープは業界トップの携帯電話の売れ行きが落ち込み、昨年10月上旬に業績の下方修正を発表。本業のもうけを示す営業利益を当初予想比で33・3%減の1300億円、最終利益は42・9%減の600億円とした。

 だが、昨年9月中旬の「リーマン・ショック」の影響が実体経済に広がり始めた昨年末以降、状況は一変。液晶テレビは販売台数が伸びないだけでなく、販売単価も約30%以上ダウンした。

 また、米国での液晶パネルの価格カルテルの罰金として1億2000万ドル(約110億円)、さらに平成19年末に取得したパイオニア株などの評価損として約430億円を特別損失に計上した。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    シャープ
登録日時:2009/01/31(17:32)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2009/02/01(15:36)
    こんにちはーひさっちさん

    >液晶テレビの値段も崩れていると聞くし、どうなっちゃうんでしょうね。

    そのほうが、待っていたほうとしては歓迎ですよん!
    ↑株とはまた違う発想ですし。

    テレビほとんど買い替えてないし(*^^)v
    テレビ安くならないかなぁ~
  •  通報する

    2009/02/01(21:49)
    鉄砲長 こんばんわ

    アメリカでは液晶テレビの値段が捨て値同然の3万円まで落ちているなんて話も耳にしました。
    日本も価格下落の波は押し寄せそう。

    買い手である我々には良い話なんですが。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。