証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

日本のゲーム業界ピンチ!世界シェア20%へ落ち込む

一見好調なのかなと思われていたゲーム業界ですが、意外にも世界的な状況ではあまり芳しくないようですね。

これを読む限りでは、スクエニやカプコンのソフト販売会社やソフト開発のトーセなど、やっぱ厳しいのかなと思えてきます。

欧米では版権とか日本以上にうるさそうですからね。

将来を考えたら、ゲーム業界だけではなく、業界の垣根を越えていく必要があるのかもしれませんね。



日本のゲーム産業は巻き返せるのか 世界シェア20%落ち込みの衝撃
http://www.j-cast.com/2009/01/18033655.html

世界を席巻していた日本のゲーム産業に異変が起きている。欧米のゲームメーカーの台頭が著しい一方で、日本のゲームソフトは売れない状況になっている。3年前からゲーム市場の世界シェアも急激に低下している。現在は推定で20%程に落ち込んでいるという。専門家は「今後はゲーム会社だけではなく、テレビ業界、アニメ業界などが横断的にスクラムを組んで攻めに行かなければシェアの縮小は続く」と危機感を募らせている。

ゲーム化権押さえられ身動き取れない状況
エンターブレインの調査によると、2007年のゲームコンテンツ市場(家庭用ソフト・オンライン・携帯電話ゲーム・PC ゲーム)は、04年に比べ北米が約2倍の1 兆3269 億円、欧州も同2倍以上の1 兆2144 億円になった。それに対し、05年に日本から海外へ出荷したソフトの金額合計は、業界団体のCESA(コンピュータエンタテインメント協会)調べで、前年比8.7%増の約2528億円、06年は43%増の3629億円、07年は54.3%増の5600億円だった。ただし、07年は任天堂の「DS」「Wii」用ソフトの人気に支えられたもの。ゲームの専門家によれば、ここ5年間は、大手ソフトメーカー6社の売上げに占める海外売上高比率はほぼ横ばいの20%。ハードと合わせても、全世界に占める日本の市場シェアは20%にすぎないと推定している。「ファミコン」や「PS」が出た当時の圧倒的シェアとは様変わりしているのだ。

ゲーム業界に詳しい野村証券シニアアナリストの桜井雄太さんは、日本のゲームメーカーがふるわない原因について(1)得意としていたRPG(ロール・プレイング・ゲーム)やシミュレーションゲームは欧米で人気が低いこと(2)日本国内で利益が上げられることにあぐらをかき、海外展開で「油断」が生じたためだ、と分析する。そして、欧米でゲームビジネスを積極的に展開しようとしても、今や身動きが取れない悲惨な状況になっているというのだ。

例えば、欧米ではアメリカンフットボールやサッカーといったスポーツゲームや、「スパイダーマン」など映画を題材にしたゲームが人気だが、スポーツ団体や選手、人気映画のゲーム化権利はすでに押さえられていて、新規参入は難しくなっている。また、アメリカではゲームソフトは大手量販店で販売されるが、そうした店舗の棚も押さえられ、棚の5%程度しか日本のソフトは店頭に並ばないのが現状だという。もちろん「ポケモン」などの任天堂のゲームや、コナミの「メタルギアソリッド」、カプコンの「バイオハザード」といったシリーズは大ヒットしたが、全体から見るとヒットしたタイトルは少数でしかない。

ソニーのゲーム機「プレイステーション」が登場した1994年当時、三次元CGでゲームを作る技術では、日本メーカーが他を圧倒していた。アメリカではゲーム機「3DO」が登場するが、良質なソフトが不足し程なく消えていった。その後、日本のゲーム機は「サターン」「PS2」「ニンテンドー64」が相次いで発売され世界を席巻。「テレビゲームは日本の文化」とまで言われるようになった。しかし、世界のゲーム産業の勢力図が変わる。米国で、2003年にテレビゲーム売上げがハリウッド映画の興行収入を2年連続で抜いたのがきっかけだった。

「映画よりもゲームの方が儲かるとわかった。それでハリウッドやシリコンバレーで働いていた才能がどっとゲーム業界に流れてきた。マイクロソフトのゲーム機『X-box』も登場し、アメリカのゲーム産業の成功は、ハリウッドとシリコンバレーの連合軍の勝利のようなものです」(桜井氏)
この間の日本メーカーは任天堂の「DS」「Wii」の成功で収益が向上。07年は国内家庭用ゲームのハードとソフトを合わせた推定販売金額が過去最高の6769億円を記録した。ところがその時には危機が忍び寄っていた。世界に目を向けるとシェアは確実に下がっていたのだ。

「テレビ、アニメ、出版などとタッグを組む必要がある」
ただし、日本のメーカーもシェア低下を指をくわえて見ているわけにはいかない。業界団体CESA(コンピュータエンタテインメント協会)はJ-CASTニュースの取材に対し、

「海外でのシェアが低下していることについてメーカー各社は『楽観的だった』という反省と危機感を持っています。少子化などの問題もあり、これから海外で稼がなければならないと戦略を練っています」
と打ち明ける。

スクウェア・エニックスや、カプコン、バンダイナムコゲームスなどの大手はアメリカのゲームメーカーとの提携や海外販売拠点の拡大、海外向け新規ブランドの立ち上げを始めていて、本格的な攻勢をかける構えだ。ただし、海外の競争相手が巨大化しているため、そう簡単にはシェアを奪い返せそうにないのも実情だ。桜井氏は、

「相手が数千人もの開発チームを抱えているのに対し、100人規模で挑んでも結果は見えているわけです。ゲーム会社単体で挑むのではなく、テレビ局、アニメ業界、出版など横断的にタッグを組んでシェアを奪いに行く必要があります。そうでなければ、シェアはますます低下することになりかねません」
と話している。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    注目業界
登録日時:2009/01/20(01:04)

通報する

このブログへのコメント

1~4件 / 全4件

  • 通報する

    2009/01/20(10:05)
    こんにちは

    これは仕方ないと思いますね~。
    日本のゲームは外人の感覚と合わない(心を掴めない)でしょうと思います。

    正直、ロックスター・ゲームズやエレクトロニック・アーツなどの方が知名度も人気も圧倒的と見えます。
    昔から思いますが日本のゲーム(ソフトウェア)には失望させる大きな欠陥がある事が問題と感じますね~はい。
  • 通報する

    2009/01/20(12:49)
    JP shizuokaさん

    こんにちわ

    >日本のゲームは外人の感覚と合わない(心を掴めない)でしょうと思います。

    そうなんですか。。
    ゲームは詳しくなかったんだけど、そういう風に生の声聞かせていただくとこの記事の内容も満更嘘ではないということも分かってきました。

    当分ゲーム業界の株は手出し無用って感じでしょうか。
  • 通報する

    2009/01/20(13:27)
    コレ↑は自分が海外版を好んでいる(ある時期を境に)のでと言う所もありますが、自分もせいぜい年1-2本程度買うだけなので・・・・。

    日本のゲーム企業は、自分達の自己満足で作っている感じがしますね、グラフィックスが良くなった反面大切なモノを入れ忘れた。
    逆に海外(米国)の企業は満足度を満たすことも忘れなかった事、これが大きな差を生んだと感じます。
  • 通報する

    2009/01/21(10:37)
    JP shizuokaさん

    こんにちわ

    >日本のゲーム企業は、自分達の自己満足で作っている感じがしますね、

    ここが一番大事な部分ではないでしょうかね。
    自己満足では消費者の心がつかめなくなっても仕方がありませんから。

    海外での不振はこの部分にもあるのかもしれませんね

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+18.1%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

82.3 17.7
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,496.69

▲ +136.15

TOPIX

1,490.62

▲ +13.42

JASDAQ総合指数

118.69

▲ +0.03

米ドル/円

113.80

▼ -0.22

ユーロ/円

122.38

▲ +0.19

重要な経済指標 発表日時
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ