収益性
49
活発度
0
人気度
53
収益量
50
投稿量
62
注目度
51

goldfingerさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ348件目 / 全581件次へ »

ドルバブル物語の始まり (その7)

079f545eb 

米国が金融帝国を続けるためには、米資産の値上がり期待で

外国資本を引き付けなければばらない。

ルービン元財務長官の強いドルは国益という発言は強いドル

の物語の始まりを告げる宣言だった。

この物語では政府が財・サービスのインフレを発生させる

ことで自国の債務を軽減させる一方、家計部門の

実質的な購買力を低下させた。

それに対して資産インフレは世界中の家計部門の資産価値を

増やすが、最終的には日本の対外純資産価値を

目減りさせてしまう。

goldの見解

企業を救済したとして一時的に米雇用が守られたとしても

米政府の借金は膨れ上がる。

本当に信用がなくなったとき、

国債下落、ドル下落。

見誤ってはいけない。

今はドル高、円高。

ドルが本当に下がるのは、金融機関の本当の損失がわかり

それを救済するとき。

そのとき、アメリカの信用は???
登録日時:2008/11/20(19:04)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2008/11/23(22:30)
    goldfingerさん こんばんは

    アメリカの自動車業界は、救済が破綻か、ということになっていますね。

    どちらの道を選んだとしても、先は厳しいようですね。

    銀行業、保険業、いろいろな業種でも、破綻の危機。
    まるで、綱渡りですね。
  •  通報する

    2008/11/24(07:56)
    ハンドミキサーさま

    おはようございます。コメントありがとうございます。

    アメリカは今迄、収入を超えた消費をしてたので、

    厳しくなるのはしょうがないと思います。

    これからは、日本とアジアの時代です。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。