マネックスGが3日続落、コインチェックの米上場遅延の可能性と伝わる

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2023/05/26 15:02
 マネックスグループ<8698.T>が3日続落した。同社傘下の暗号資産交換業者であるコインチェックを巡り、同社の持ち株会社と特別目的買収会社(SPAC)との合併を通じて米国で上場する計画に遅延の可能性が出たと、一部で報じられた。米国での上場にともなうマネックスGの事業面でのポジティブな影響への期待を後退させ、売りを促す要因となったようだ。ナスダック上場のSPACであるサンダーブリッジキャピタルパートナーズ<THCP>が、合併に関連する取引の期限を1年延長する必要があるとの議案を、株主総会の招集通知案で提示したという。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
722.0
(06/21)
+1.0
(+0.13%)