売却から買いで繋がっていくことで資産形成が可能に

著者:藤村哲也
投稿:2022/07/09 08:52

売却から買いでサポートが繋がっていく

株は、第1回目の売買がA銘柄の買いから売りで一回勝敗が決まります。ただそれで終わりではありません。売ったら現金が出来ますので、その現金で2回目の売買が始まります。B銘柄の買いから売りです。

こうやって、継続的に売買が繋がって資産形成がされていきます。

限られた資金で行っていく以上、この連続性が資産形成の鍵を握ります。

例えば、第二弾30万円コースも最初の売買はSMSという銘柄の売り買いで11400円の損切りから始まっています。

2回目の売買であるバリューコマースの利益が108800円で、あっという間に2回目の売買で1回目の損を取り返して、資産が30万円から40万円へと増えていったのです。

株にはどうしても、負けるとき(損を出してしまうとき)が出てしまいますが、売買は連続していくからこそ、負けを取り返して、挽回を図るサポートが提供でき、資産形成が可能になっていくのです。

銘柄を選んで買うというだけでなく、値動きに応じた売りも非常に重要ですし、売った後の次の銘柄の買いも重要になっていきます。

継続的な資産形成には、不可欠な考え方です。

藤村哲也
ライジングブル投資顧問代表
配信元: 達人の予想

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
3,760.0
(11/25)
-40.0
(-1.05%)
2,132.0
(11/25)
-20.0
(-0.92%)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介