DIT大幅反発、金融向けセキュリティーと電子契約のアウトソーシングサービスで思惑◇

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/10/19 09:49
DIT大幅反発、金融向けセキュリティーと電子契約のアウトソーシングサービスで思惑◇  デジタル・インフォメーション・テクノロジー<3916.T>が3日ぶり大幅反発、一時前週末終値を6.7%上回る1471円まで値を飛ばした。金融業界向け中心に付加価値の高い情報サービスを展開、サイバー攻撃対応システムなどセキュリティー分野で高い開発実績を持っている。大興電子通信<8023.T>と協業で中小企業向け電子契約の外部委託サービスをスタートさせており、これも時流に乗る経営戦略として注目を集めている。株価は1月下旬に1872円の年初来高値をつけているが、菅政権のデジタル政策を背景にサイバーセキュリティーが投資テーマとして再浮上するなか、時価は依然1400円台と出遅れ感が強く追随買いを誘っている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,324.0
(10:57)
-37.0
(-2.72%)
589.0
(10:45)
-11.0
(-1.83%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

55.6 44.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介