午前:債券サマリー:先物が小反落、長期金利0.020%で横ばい

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/10/16 12:23
 16日午前の債券市場で、先物中心限月12月限は買いが先行したものの、日経平均株価がプラス圏に浮上したことを受けて次第に売り優勢となった。

 先物夜間取引が堅調に推移した流れを受けて、債券先物は堅調にスタート。欧州で新型コロナウイルスの感染が再拡大しており、欧州各国で店舗営業の時間短縮などが伝わるなか、世界景気への悪影響が懸念された。その後、日経平均株価がプラス圏に浮上したことが重荷となり、前引けにかけて伸び悩んだ。この日は国債入札や、国債買い入れオペといった需給面の材料が予定されていない。

 午前11時の先物12月限の終値は前日に比べ、3銭安の152円05銭となった。現物債市場で10年債の利回りは、前日に比べ横ばいの0.020%だった。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

55.6 44.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介