本日のポイントは「米3連休前」…!? - ドル円

著者:武市佳史
投稿:2020/02/14 10:19

◆ センチメント再悪化 - 109円半ばへ反落

※ご注意:予想期間は2月15日と表示されていますが、本日(2月14日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


『中国で新型コロナウイルスの感染者・死者が急増』との報をキッカケに、昨日は“センチメント悪化”が目立ちました。
実際には「感染者定義を変更しただけ」というものですが、短期筋は“下攻め”で仕掛けました。
特に頑張ったのが“欧州勢”であり、欧州タイム中盤には“109.617円”へと下値を拡大しています。

一方で“2/7-10安値(109.53-56円)水準”にかけて並ぶ「ドル買いオーダー」は、かなりの厚みを持っています。
このため割り込むのは容易ではなく、その後は“緩やかに”値を戻していきました。
ユーロドルが“2017年4月以来の安値(1.08341ドル)”へと売り込まれていったことに伴う“ドル買い”も、サポート要因として機能したと見られるところです。

◆ ただし「“上値の重さ”VS“下値の堅さ”」は変わらず…

こうして昨日は“上値の重さ”が盛り返しましたが、「“上値の重さ”VS“下値の堅さ”」という構図は何ら変わっておりません。
ただし変わったのは、個人的に気にしている「にわか上値期待」が後退したように見えることです。

「米国3連休(17日はプレジデント・デーで休場)」を控えていますので、本日は「新たな仕掛けは手控えられる」と見るのが自然です。
一方で「巻き戻される(ポジション調整)可能性」は孕んでいることになりますので、本日の方向性としては“やや上方向”…?

「決定打に欠く」は続いていますので、「レンジ脱却」といえない状況も続いています。
このため「過度に警戒する必要なし」「押し目買い継続」と引き続き見ながら、神経質なマーケットと向き合いたいところです。

◆ ドル円 抵抗・支持ライン

上値5:110.362(19/5/23高値)
上値4:110.288(1/17高値、ピボット2ndレジスタンス)
上値3:110.131(2/12-13高値)
上値2:110.048(+1σ、50月移動平均線、ピボット1stレジスタンス、大台)
上値1:109.935(2/12~2/13の61.8%戻し、20月移動平均線)
前営業日終値:109.820(週足・一目均衡表先行スパン上限、100週移動平均線)
下値1:109.617(2/13安値、200週移動平均線、ピボット1stサポート)
下値2:109.532(2/7-10安値、20日移動平均線、月足・一目均衡表基準線)
下値3:109.433(2/3~2/12の38.2%押し、ピボット2ndサポート)
下値4:109.302(2/5安値、50日移動平均線、日足・一目均衡表基準線/転換線)
下値5:109.217(2/3~2/12の50%押し)
武市佳史
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト
配信元: 達人の予想
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

85.0 15.0
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介