明豊ファシリティワークス---19年3月期は2ケタ増益、オフィス事業・CM事業・CREM事業ともに堅調に推移

投稿:2019/05/16 16:30
明豊ファシリティワークス<1717>は15日、2019年3月期決算を発表した。売上高が前期比7.7%減の55.98億円、営業利益が同27.9%増の7.74億円、経常利益が同27.7%増の7.80億円、当期純利益が同30.2%増の5.61億円となった。

オフィス事業は、大企業におけるグループ企業の統廃合、地方拠点の集約化、また、大規模な新築ビルの竣工時同時入居プロジェクトなど、難易度の高い事業所移転についてサービスを提供した。

CM事業は、グローバル企業の国内拠点となる大型研究施設、工場、商業施設及び大学施設の再構築や、駅舎や大規模商業施設での電気・空調等設備更新に加え、地方自治体庁舎や学校空調を始めとする公共施設においても、新規顧客が増加した。

CREM事業は、工事コスト管理や保有資産のデータベース化による資産情報の集中管理、多拠点同時進行プロジェクトを可視化し、進捗状況を効率的に管理するシステム構築などの実績をもとに、複数の商業施設や支店等を保有する大企業、金融機関等から継続して依頼を受けた。

2020年3月期通期の業績予想については、売上高は、ピュアCM(工事原価を含まないフィーのみの契約型CM)が増加し、アットリスクCM(工事原価を含む請負契約型CM)が減少する予想から前期比23.6%減の42.80億円、営業利益が同2.0%増の7.90億円、経常利益が同1.2%増の7.90億円、当期純利益が同2.4%減の5.48億円を見込んでいる。
所得拡大促進税制について、従来同様、当初見込みに考慮してないことから、経常利益増益ながらも当期純利益は減益を見込んでいる。

<SF>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
452.0
(15:00)
+1.0
(+0.22%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.0 23.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介