20日の株式相場見通し=FOMCを前に買い手控え、日経平均はもちあい弱含みに

投稿:2019/03/20 08:35
 20日の東京株式市場は、翌日が春分の日で休場となることに加え、現地20日に結果が公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)を前にしていることもあり、売り買いともに手控え姿勢が強まりそうだ。国内に買い手掛かり材料が乏しいことから、日経平均はもちあい弱含みの推移が想定される。20日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=111円30銭台での推移となっている。

 19日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比26.72ドル安の2万5887.38ドルと5日ぶりに反落した。米中貿易交渉への警戒感が浮上し、NYダウは下落。一時、190ドルを超す上昇となる場面があったが、引けにかけ値を消した。ただ、半導体株などの上昇を受けナスダック指数は3日続伸している。アップルやネットフリックス、ディズニー、ベライゾン・コミュニケーションズが安く、テスラも値を下げた。半面、アドバンスト・マイクロ・デバイシズが急伸したほか、エヌビディアやブロードコムなど半導体株が上昇。ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスやユナイテッドヘルス・グループなどヘルスケア株も値を上げた。ナスダック総合株価指数は、同9.468ポイント高の7723.946と3日続伸。

 日程面では、ITフリーランスの働き方を支援し、企業向けに技術リソースのシェアリングを提供するIT人材事業、ならびにIT人材育成、ゲーム・動画制作などを手掛けるギークス<7060.T>が東証マザーズ市場に新規上場する。

 このほかに、3月の月例経済報告、日銀金融政策決定会合議事要旨(1月22~23日開催分)、18日時点の給油所の石油製品価格、2月の全国コンビニエンスストア売上高に注目。海外では、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見が焦点となる。(冨田康夫)

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
22,259.74
(15:15)
+41.84
(+0.19%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

80.7 19.3
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介
みんなの株式主催セミナー
みんかぶ投資セミナー