決算プラス・インパクト銘柄 【東証1部】 … アスクル、三井ハイテク、東京ドーム (3月14日発表分)

投稿:2019/03/15 15:21

―決算で買われた銘柄! 上昇率ランキング―

 企業決算に対する評価は、マーケットでは「株価」として表される。ここでは、決算を受け止めて株価がいかに反応したかを探る。

 以下に挙げたのは、決算発表が「プラス・インパクト」となった可能性のある東証1部の銘柄である。株価が決算発表前日の3月13日から14日の決算発表を経て15日大引け現在、水準を切り上げている銘柄を上昇率の大きい順にランキングした。

★No.1 三井ハイテク <6966>
 19年1月期の連結経常利益は前の期比56.0%減の8.1億円に落ち込んだが、従来予想の6億円を上回って着地。

★No.3 小松ウオール <7949>
 19年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常利益(非連結)は前年同期比40.5%増の17.4億円に拡大し、通期計画の26.5億円に対する進捗率は5年平均の54.0%を上回る65.8%に達した。

★No.6 東京ドーム <9681>
 19年1月期の連結経常利益は前の期比3.4%増の104億円になり、従来予想の88億円を上回り、減益予想から一転して増益で着地。

■決算プラス・インパクト銘柄

コード 銘柄名    市場  上昇率  発表日 決算期 経常変化率

<6966> 三井ハイテク  東1   +12.34   3/14 本決算    10.16
<6355> 住友精     東1   +5.19   3/14   3Q   141.97
<7949> 小松ウオール  東1   +3.67   3/14   3Q    40.53
<6333> 帝国電     東1   +3.60   3/14   3Q   -15.27
<2678> アスクル    東1   +2.56   3/14   3Q   -37.48

<9681> 東京ドーム   東1   +2.27   3/14 本決算    0.94
<6037> ファストロジ  東1   +1.10   3/14  上期   118.75
<3421> 稲葉製作    東1   +0.59   3/14  上期    黒転

※上昇率は「決算発表前日の終値を基準とした15日大引け株価の変化率」。上昇率、経常変化率は「%」。本決算の経常変化率は今期予想。
「上期」は第2四半期累計決算。「3Q」は第3四半期累計決算。

株探ニュース
配信元: 株探

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,592.0
(07/19)
+104.0
(+4.18%)
1,453.0
(07/19)
+14.0
(+0.97%)
569.0
(07/19)
+9.0
(+1.61%)
1,194.0
(07/19)
+1.0
(+0.08%)
2,760.0
(07/19)
+60.0
(+2.22%)
1,329.0
(07/19)
+54.0
(+4.24%)
1,867.0
(07/19)
-26.0
(-1.37%)
1,009.0
(07/19)
+11.0
(+1.10%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.8 22.2
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介