バイオ関連が軒並み高、アンジェス、ノバルティスの遺伝子治療薬承認が刺激材料に◇

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/02/21 09:45
バイオ関連が軒並み高、アンジェス、ノバルティスの遺伝子治療薬承認が刺激材料に◇  アンジェス<4563.T>がストップ高カイ気配で張り付いているのをはじめ、タカラバイオ<4974.T>新日本科学<2395.T>、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774.T>ヘリオス<4593.T>サンバイオ<4592.T>など遺伝子治療や再生医療に絡むバイオベンチャー株に軒並み物色の矛先が向いている。アンジェスが開発する遺伝子治療薬「コラテジェン」が20日、厚生労働省の専門家会議で承認され、今年5月にも国内で初めて登場する見通しとなったことや、スイス製薬大手ノバルティスが開発した白血病治療薬「キムリア」の承認などが、バイオ関連セクターの株価を強く刺激している。ノバルティスのキムリアは「CAR-T細胞療法」と呼ばれるもので、国内ではタカラバイオなどが臨床試験を走らせている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,298.0
(07/16)
-16.0
(-1.21%)
44.0
(07/16)
0.0
(---)
1,118.0
(07/16)
+66.0
(+6.27%)
184.0
(07/16)
+1.0
(+0.54%)
1,174.0
(07/16)
+2.0
(+0.17%)
714.0
(07/16)
0.0
(---)