「ドローン」が22位にランク、多分野での更なる活用期待高まる<注目テーマ>

投稿:2019/01/31 12:22
「ドローン」が22位にランク、多分野での更なる活用期待高まる<注目テーマ> ★人気テーマ・ベスト10
1 5G 
2 人工知能 
3 半導体 
4 キャッシュレス決済 
5 バイオテクノロジー関連 
6 国土強靱化 
7 サイバーセキュリティ 
8 全固体電池 
9 TOPIXコア30 
10 量子コンピューター

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「ドローン」が22位となっている。

 「空の産業革命」といわれるドローン。これまでは空撮を目的とする利用が多かったが、今後は測量やインフラ点検・保守、事故・災害対応、農業支援、運輸といった多くの分野で更に活躍の場を広げそうだ。

 NSW<9739.T>は30日、DJI JAPAN(東京都港区)及び日本マイクロソフト(東京都港区)と、民生用ドローンと人工知能(AI)技術を活用した「建築物メンテナンスサービス」の開発で協業すると発表。3社は既に実証実験に乗り出しており、ドローンの撮影画像から一般的なひび割れの許容範囲とされる0.2ミリ幅相当のひび割れ箇所を検出することができたという。
 
 また、物流の分野では、楽天<4755.T>とゼンリン<9474.T>、東京電力ホールディングス<9501.T>子会社の東京電力ベンチャーズ、埼玉県秩父市が25日、送電設備上空を空の道として利用したドローンハイウェイを活用し、操縦者が機体を視認できない範囲で運行する目視外飛行でのドローン配送の実証実験に成功した。補助者を配置しない目視外飛行は政府が定める飛行レベル3にあたり、山間部への荷物配送や災害現場の被災状況調査、長大なインフラ点検などでの利用も期待されている。
 
 このほか、愛知県警は25日にナゴヤドームでテロ対策の訓練を行い、化学テロを想定してドローンや特殊車両で不審物を処理する様子などを公開。ドローンやAIなどを活用したスマート農業事業を展開するオプティム<3694.T>は29日、みちのく銀行<8350.T>との合弁で設立した国内初のスマート農業地域商社「オプティムアグリ・みちのく」の営業を2月1日から始めると発表している。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,137.0
(15:00)
+35.0
(+1.67%)
4755
1,173.0
(15:00)
-51.0
(-4.17%)
1,613.0
(15:00)
-3.0
(-0.19%)
2,461.0
(15:00)
+26.0
(+1.07%)
633.0
(15:00)
+5.0
(+0.80%)
2,207.0
(15:00)
+12.0
(+0.55%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

81.3 18.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介
みんなの株式主催セミナー
みんかぶ投資セミナー