塩野義薬が後場プラス転換、資本参加先が抗HIV治療におけるドルテグラビルとラミブジン合剤の承認を申請

2018/10/22 12:42
塩野義薬が後場プラス転換、資本参加先が抗HIV治療におけるドルテグラビルとラミブジン合剤の承認を申請  塩野義製薬<4507.T>が後場プラスに転じている。前引け後に、同社が資本参加している英ViiV社が、HIVインテグラーゼ阻害薬ドルテグラビルと核酸系逆転写酵素阻害薬ラミブジン(いずれもViiV社)の2剤レジメン合剤に関して、FDA(米国食品医薬品局)に対して新薬承認申請したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 なお、ViiV社では、priority review voucher(優先審査保証)を同申請に用いていることから、申請受理から6カ月以内の承認取得が見込まれるとしている。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
7,633.0
(11:30)
+86.0
(+1.14%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

59.7 40.3
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック