イメージ情報開発(3803):調整からのリバウンド期待

調整からのリバウンド期待

戦略立案から保守までSIの一括受注を行っています。スマホ向け開発事業にも進出しています。

2019年3月期の業績予想は、経常利益が前期比9.4倍、最終利益が黒字転換となっています。

株価は5月31日安値955円から6月8日高値1019円まで上昇したあと、7月6日安値801円まで下落していますが、ここへきて株価チャート上にリバウンドを示唆しやすい形が出ました。

テクニカル指標は7月6日現在で、25日移動平均線からのかい離率は-13.66%、ストキャスティクス(9日)は10.61、RCI(9日)は-95.83、RSI(14日)は11.63まで低下していますので、株価の反転上昇は近いと思います。
斉藤紀彦
ザイナスパートナー株式会社 代表取締役社長
配信元: 達人の予想

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
825.0
(11/13)
-105.0
(-11.29%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

85.3 14.7
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック