大日住薬に再評価余地、国内有力証券は新規「B+」でカバレッジ開始

投稿:2018/06/21 14:56
大日住薬に再評価余地、国内有力証券は新規「B+」でカバレッジ開始  大日本住友製薬<4506.T>に再評価余地が指摘されている。岩井コスモ証券は20日、同社株の投資判断を新規「B+」、目標株価は2600円でカバレッジを開始した。今期業績は減益の見込みだが、抗精神病薬「ラツーダ」の独占販売期間が24年2月まで延長される可能性が出てきたことに注目している。延長されれば、現在の開発薬にスムーズにバトンタッチすることも期待でき、パテントクリフ(特許切れによる業績悪化)は回避あるいは軽減される可能性があるとみている。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,761.0
(15:00)
-12.0
(-0.43%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

74.4 25.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック