収益性
77
活発度
51
人気度
59
収益量
70
投稿量
100
注目度
76

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2507件目 / 全3061件次へ »
ブログ

解散総選挙より景気対策望む 63% 日経世論調査


世論調査の結果、解散総選挙より景気対策を望んでいる国民が過半数を遥かに超え63%。

民主党や公明党はこの結果をどう捉えるのでしょうか。

解散総選挙をしなければ、法案の審議にも応じないまたは先延ばしにするなんて愚行にでないことだけ祈りたいですね。

麻生総理も年内解散はしないと与党幹部に伝えたとありますが、公明党の圧力に屈せずよい決断だったと個人的には評価しています。

できれば与野党一体となってこの経済の難局を乗り切って欲しいものですがね。

株式市場からみても、解散して政治空白なくなるのはひとまずプラスに働くでしょうね。




内閣支持率48%に低下 「選挙より景気」63% 日経世論調査
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081027AT3S2600K26102008.html

 日本経済新聞社とテレビ東京が10月24―26日に共同で実施した世論調査で、麻生内閣の支持率は48%となり、内閣発足直後の9月の緊急調査から5ポイント低下した。不支持率は3ポイント上昇し43%だった。景気対策と衆院解散・総選挙のどちらを優先すべきかを聞くと「景気対策」が63%で「解散・総選挙」の29%を大きく引き離した。

 内閣を支持しない理由を複数回答で聞くと「自民党の内閣だから」が40%で最も多い。続いて「政策が悪い」が15ポイント上昇して33%。さらに「首相の人柄が信頼できない」が29%だった。支持理由では「自民党の内閣だから」が33%、「指導力がある」が29%、「首相の人柄が信頼できる」が23%。

 麻生内閣の仕事ぶりを「評価する」は34%で「評価しない」は39%。無党派層では「評価する」が19%で「評価しない」が38%だった。評価する理由は「景気対策への取り組み」が38%で最も多く「年金・医療問題への取り組み」が16%で続いた。評価しない理由は「年金・医療問題への取り組み」の32%がトップで「景気対策への取り組み」が20%だった。 (26日 22:01)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

2件のコメントがあります
  • イメージ
    こんにちは。

    支持しない内閣に景気回復を期待するのですかね??回答した国民は。
    政府のおかげで景気回復したことなど、過去に一度もないと思いますが・・・・

    この世論調査は参考にならないと思います。
  • イメージ
    My Back Pagesさん

    こんにちわ

    今は政党を支持する支持しないなんてレベルの状態ではないですよ。
    与野党が一体となって金融危機乗り切るために力を合わす時期でしょう。

    また民主党はテロ特租法を、解散総選挙はっきりしなければ審議しないみたいな事ほざいているらしいですが情けなくなってくる限りです。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。