投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ18件目 / 全5253件次へ »
ブログ

米政府「中国に対する為替操作国の認定」を解除する計画

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

1月14日 火曜日

米国株について
ダウ平均は83ドル高の28907ドルで取引終了。
米中関係の改善が買い材料になるも、決算発表本格化を前に上値追いは限定的。
日中の値幅は90ドルで、膠着感のある展開になりました。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.29%高、ナスダックは1.04%高、S&P500指数は0.70%高。
ナスダックとS&P500指数が過去最高値を更新しました。

〇S&P500指数の業種別動向
10業種が上昇、ヘルスケアのみ下落。
上昇率の高い順
素材、情報技術、不動産、資本財、通信、金融

〇ダウ構成銘柄の動向
21銘柄が上昇、 9銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
アップル 2.14%高、シスコシステムズ 1.78%高、ダウ 1.65%高、ゴールドマン・サックス 1.28%高、ナイキ 1.25%高

下落率の高い順
ユナイテッドヘルス 3.14%安、ウォルト・ディズニー 0.51%安、ウォルマート 0.43%安、ホームデポ 0.39%安、マクドナルド 0.37%安

〇個別銘柄
最も上昇したのはアップル。1銘柄でダウ平均を44ドル押し上げています。
最も下落したのはユナイテッドヘルス。1銘柄で62ドル押し下げました。

〇米中関係の改善
「中国に対する為替操作国の認定」を解除する計画だと報じられ、米中関係の改善が買い材料になりました。

〇雇用統計悪化による影響は続かず
前週末に発表された米雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比14万5000人増になりました。11月の改定値25万6000人増から激減、市場予想の16万人にも届かず。

この影響もあり、前週末のダウ平均は133ドル安まで売られていましたが、週明けは再び買い戻される展開に。終値は83ドル高ですが、ユナイテッドヘルスの影響を除けば145ドル高です。

〇決算発表本格化を前に上値追いは限定的
大手金融の決算発表を控えているうえ、これから決算発表が本格化。

ダウ平均は過去最高値圏、他の2指数は高値を更新しているだけに「決算を確認してから」と判断する投資家が増えている印象です。株価が高ければ決算に対するハードル(期待値)も高くなりますので、慎重になる投資家も増えやすい。

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。