TAROSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ46件目 / 全5813件次へ »
ブログ

経済3団体新年祝賀会で景気は堅調も五輪後には警戒感

経団連など経済3団体共催の新年祝賀パーティーが7日、東京都内のホテルで開かれ、経済の先行きをめぐっては、昨年来の米中貿易摩擦や消費税増税に加え、年明けからは米国とイランの対立が激化するなど波乱含みの世界情勢の影響も想定されそうです。
出席した経営者からは東京五輪・パラリンピックの開催や米中の和解などで堅調な景気回復を予測する声が目立った一方、五輪後の景気後退への懸念も少なくなく、成長分野への積極投資を促す姿勢も示されたようです。

JXTGホールディングス(HD)の杉森務社長はパーティーで、年始の中東情勢緊迫化の影響について「足元で原油の調達に支障は出ていない。今後の中東情勢を注視する」と警戒感をあらわにしたそうです。
中東の地政学リスクを今後の景気への不安要因に挙げる経営者は多いようです。

ただ、7日の東京株式市場では、前日急落した日経平均株価が大幅反発しており、事態の深刻化に対しては、「米国もイランも世界景気全体が冷える選択をしないだろう」(東芝の車谷暢昭会長)と冷静な意見も聞かれたそうです。

懸案の米中貿易摩擦についても、ローソンの竹増貞信社長は「米国は大統領選を控え、中国も景気に心配な数字が出ており、お互い経済に集中しようということになるのではないか」と指摘し、今年の後半に向けて日本の景気に追い風が吹くと予想しているようです。
また夏に開催される東京五輪・パラリンピックも好材料で「需要喚起のジャンプ台になる」(東京海上HDの小宮暁社長)と景気の盛り上がりを期待する見方が広がっているようです。

ただ、五輪後の景気を不安視する声もあり、キリンHDの磯崎功典社長は「ほぼ確実にダウンする。相当消費マインドが下がるので、覚悟しておいた方がいい」と警鐘を鳴らしたそうです。

政府の経済財政諮問会議の民間議員も務めるサントリーHDの新浪剛史社長は「五輪後も成長を持続的にするための面白い投資分野が必要だ」と強調し、規制改革や二酸化炭素・プラスチック対策などを積極的に進めるべきだと訴えたそうです。

たしかにオリンピック後の景気はダウンするかもしれませんね。
1件のコメントがあります
  • イメージ
    yoc1234さん
    2020/1/8 09:39
    前々から言ってるように。

    W杯あとオリンピック前半年で株価は暴落。

    経済はむちゃくちゃに。

    内定取り消しがでそう。

    マンションがバブル期より高くなって、

    全く売れてない。

    作ってもない。


コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。