ドリーミー✩キャッツさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ21件目 / 全379件次へ »
ブログ

本日の成績 & マーケット動向




利食い益 円 損失金額 0

含み評価損益 -914,199 円 ⇒ -1,223,144

資産合計増減、前日比 -307,457


持ち越し売建て、2銘柄。

売り増し、1銘柄1約定。


そこはかとなく売りつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。


19702→1581017786

173531784817538



[東京 5日 ロイター] -
日経平均<.N225>
終値      23300.09 +164.86
寄り付き    23292.70
安値/高値   23,259.82─23,363.44

TOPIX<.TOPX
>
終値       1711.41 +8.14

寄り付き     1711.94

安値/高値    1,706.68─1,714.32


東証出来高(万株) 115389
東証売買代金(億 20375.26
円)

東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株高やドル/円の持ち直しを好感し、朝方から買いが先行した。上げ幅を200円超に拡大する場面もあったが、その後は手掛かり材料に欠き、プラス圏でもみあった。

4日の米国株式市場では、トランプ米大統領が中国との通商協議は「極めて順調」に進捗していると述べたことが好感され、主要株価3指数が反発した。中国との通商合意に期限はないとしたことが嫌気された3日の相場から一変し、「第1段階」の合意への楽観的な見方が高まった。

日経平均は前日の米国株の流れを引き継ぎ反発して始まった。その後も上げ幅を拡大させたが、さらに追随して買い上げていく材料は見当たらず、上値を大きく伸ばしきれなかった。
市場からは「ほぼ為替に連動した動き。2万3400円、2万3500円が心理的節目として意識されていて、上値を追うには材料に欠ける」(国内証券)との声が出ていた。
また「12月はファンドマネージャーをはじめとする海外勢が休みにはいり、市場参加者が少なくなる傾向がある。材料の見方に対する多様性も失われ、トランプ大統領の発言ばかりに左右されるような相場になっている」(フィリップ証券・リサーチ部長の笹木和弘氏)との指摘もあった。

TOPIXも反発。東証33業種では、鉄鋼、海運業、ガラス・土石製品などが値上がり率上位に入った。半面、水産・農林業、サービス業、陸運業などは売られた。

個別では任天堂が続落。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が今月10日に中国本土で発売されることになり、朝方から買いが集中したものの、前場取引時間中にマイナス転換した。後場でも下げ幅が拡大し、さえない展開となった。

東証1部の騰落数は、値上がり1275銘柄に対し、値下がりが784銘柄、変わらずが98銘柄だった。


コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。