投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ90件目 / 全5250件次へ »
ブログ

パウエル議長の自信に満ち溢れた発言は大きなプラス材料

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

11月15日 金曜日

米国株について
ダウ平均は1ドル安の27781ドルで取引終了。
100ドルほど売られるところが2度あるも、引けにかけて戻し1ドル安で取引終了。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.01%安(1ドル安)、ナスダックは0.04%安、S&P500指数は0.08%高。
3指数共に僅かな上下で方向感も出ず。

〇S&P500指数の業種別動向
7業種が上昇、4業種が下落しました。
上昇率の高い順
不動産、素材、一般消費財、通信、資本財、公益、金融

下落率の高い順
エネルギー、生活必需品、情報技術、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
12銘柄が上昇、 18銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ボーイング 1.36%高、ユナイテッドヘルス 0.89%高、ホームデポ 0.75%高、アメリカン・エキスプレス 0.56%高、ダウ 0.54%高

下落率の高い順
シスコシステムズ 7.33%安、ウォルト・ディズニー 1.06%安、キャタピラー 0.73%安、アップル 0.69%安、マクドナルド 0.51%安

〇米中貿易協議を巡る情報に振り回されるAI
100ドルほど売り込まれるところが2度ありました。合意にマイナスな情報が出てくる度に、AIが即反応している印象。言葉は悪いですが単純で、それだけに戻りも早い。本当に懸念膨らむ悪材料なら、人の手による売りも重なるのでもっと鈍い動きとなるはず。

年内合意という見方は変わらず買い戻されていますので、「マイナス情報と2度の急落」を注視する必要は無いと考えています。

〇パウエル議長のお話は大きなプラス材料

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。