パラちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ28件目 / 全3737件次へ »
ブログ

決算発表を踏まえ「私の考察」は、長文ですが・・ アハハハ

本日は、セブンBKの「決算発表」でしたが・・・ 

その「正式な発表内容」とは・・・  


単独決算では、売り上げが減収で、経常利益は「増収」です。 

投機利益も、1株当たりの当期利益も、大幅な「増収」でした。  

アハハハ!



しかし、私は「場中のブログコメント」に書いた通りに、直ぐに

「保有株の防衛体制」に入りました。  



この意味が、すぐに「解かる方は少ない」かも、知れませんが・・・ 


長期間に渡り株を保有して、投資を続けていた投資家さんには、

銘柄の監視を続けた方々には、簡単にこの意味は、解かる内容

なんですよねぇ~  



「理解が出来ない方々」の為に、簡単な説明をすると・・・ 



売り上げが減少したのは、やはり台風等の影響で、稼働しない

ATMがあった事が、大きな要因になっていると思いまーす!  


  


それなのに何故「当期利益や、経常利益が増えた」のかですが・・・ 



「海外のATMが利益を生み出している」と言う事が、大きな

主因なんですよねぇ~  

アハハハ!!



その証拠として海外子会社との「連結決算」では、売り上げも、

経常利益も、共に「増収・増益」になっています。  


当期の連結決算では、前期の利益は「-258百万」でしたが、

今期決算では、何と「+13、047百万」の赤字から黒字へ

と「大幅な転換」になっていまーす!  



今までは、海外のATMを新規に設置する為には、設備投資の

費用負担が重しになっていましたが、設備投資の消却が順調に

進んで、赤字事業から、黒字化へ変化して、今後の柱に成長し

ている結果を示しているんです。  


1株当たりの当期利益でも、前期は「-0,21円」の赤字に

縮小はしていましたが、今回の発表では「+11,01円」の

何と「大幅な黒字化」になっています。  



国内でも、セブンBKの発足時には、新規ATMの設置費用を

償却する為の時間が必要なので、順調にATM事業が成長でも、

新興市場にいた時には、かなり「売り込まれた」経緯があって、

その時には、株式の分割を行って、誰でも買い易い価格にして、

更には、新興市場から、多くの投資家が売買を行う東証1部へ

移行した経緯があります。  



東証1部へ移行した後には、堅調に利益を生みだして、社会へ

の貢献が出来るので、大きく株価延ばしましたが・・・  


その後は、先々を踏まえて、例え「赤字事業」でも、海外への

進出を決めて、事業に着手した時には、新規の設備投資負担の

発生を危惧して、株は売り込まれて、現在の株価状態なってい

ますが・・・



流石に「堅調な業績」が続いて、配当も「年々増加」している

ので、最近では「下値が強い状態」なんです。  




更には、着実に海外事業も着手して、予定した通りに「今後の

黒字化に寄与する基盤構築」が、進んでいると思われます。  


従いまして、目先の「株価下落」などは、避けられないのかも

知れませんが「中・長期の目線」では、今後の成長には大きな

期待も感じられる内容かと、私は思いまーす!  



果たして、どうなるかしらねぇ~  


思っていた想定の内容よりも、私には想像以上に良い結果を

評価しても、冷たい世間の売り目線を踏まえての投資応援を

楽しく続けたいと思っていまぁーす!  


従いまして、冷たい世間の評価でも、私は「目先の株価」が

例え「下落」をしても、その「防衛」を行いながら、長期の

目線で、今後も投資は「継続」をさせて頂きまぁーす!   



未来に向かって、頑張れ! セブン!  

アハハハ!!!

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。