TAROSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ94件目 / 全5813件次へ »
ブログ

セブン-イレブンが食品ロス削減のため値引き実験を開始

セブン-イレブン・ジャパンは30日、食品ロスを削減するため、販売期限が迫った弁当などを実質値引きする実験を、北海道と四国のコンビニエンスストアで始めたそうです。
定価で販売し、購入者に5%のポイントを還元するそうです。
年末まで実験し、検証結果を踏まえ、来春の全国展開を目指すようです。

食品の廃棄費用は加盟店の収益を圧迫してきたそうです。
また、食品ロス削減への協力を企業に求めた法律が今月施行されたこともあり、値引き販売で廃棄を抑制する構えのようです。

セブンは年内、北海道と四国に計1300超ある店舗で、販売期限まで残り3~5時間となった弁当やおにぎり、サンドイッチなどを値引きするそうです。
専用シールを貼って通常商品と区別し、同社の電子マネー「nanaco」利用者に税抜き価格の5%分のポイントを付与するとのことです。

徳島県庁であいさつした古屋一樹会長は「これからも愛されるブランドであるため、日本が抱える社会問題に取り組む」と語ったそうです。

「nanaco」を持っていないと還元されないんですね。
不公平のような気はしますが、それも「nanaco」を普及させる戦略の一つなんでしょうね。

3382:4,185円
2件のコメントがあります
  • イメージ
    おはようございます。

    徳島県は、今消費者庁があるので食品ロスのことも意識していることアピールしたかったのでしょうか?

    セブンの食品廃棄は気になっていました。

    捨てるや家畜の飼料にするよりは安く売った方がいいですよね。そっちが廃棄物処理費軽減などエネルギー削減しエコにもなります。

    背物資のような大企業は、大局的に物事考えないといけませんよね。
  • イメージ
    yoc1234さん
    2019/10/31 06:59
    おはようございます。

    これ問題点が違うような、

    注文が多すぎるだけ。

    全店で何割か減らせばいいだけです。

    特に新製品は多すぎます。

    初日の注文を出しすぎです。

    工場ではこれで疲弊します。

    ほとんどここにあるかと。

    本部が頭が悪すぎるだけ。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。