投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ51件目 / 全5157件次へ »
ブログ

日本株は出鼻をくじかれ意欲喪失、投資家心理は少し悪化したかも

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

10月7日 月曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、34円安の21375円で取引終了。
前週末の米国株大幅高を受けて買8253いが先行するも、ほぼ寄り天で一気に急落。取引開始から30分で50円ほどマイナスになると、その後はほとんど動かないまま34円安で取引終了。

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆5251億円、出来高は9億2137万株。
値上がり銘柄数は1015、値下がり銘柄数は1015、変わらずは122銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
13業種が上昇、20業種が下落
上昇率の高い順
小売、情報・通信、倉庫・運輸、サービス、陸運

下落率の高い順
ゴム、水産・農林、その他製品、鉱業、銀行

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は91、値下がり銘柄数は119、変わらずは15銘柄でした。
上昇率の高い順
セブン&アイHD 1.93%高、ヤマトHD 1.67%高、東洋製罐グループHD 1.63%高、エムスリー 1.57%高、ヤマハ 1.39%高

下落率の高い順
クレディセゾン 2.95%安、セイコーエプソン 2.54%安、東宝亜鉛 2.38%安、キッコーマン 1.93%安、オリンパス 1.77%安

〇米国株が大幅高でも勢い無し
米国株はISM指数の悪化をキッカケに暴落。雇用統計に対する警戒感も高まる状況でしたが、結果は市場予想を下回るも過去分が大きく上方修正されて3指数揃って暴騰。ダウ平均は1.42%高(372ドル高)、ナスダックは1.40%高、S&P500指数は1.42%高。

日本株も前週末にかけて警戒感高まる状況でしたが、雇用統計を受けた米国株が暴騰したので買い安心感も広がると考えていました。しかし、取引開始直後の高値で僅か65円高。そして9時30分には50円安まで急落。

〇出鼻をくじかれ意欲喪失
米国株大幅高を受けて日本株も大幅高へ・・・という見立てが大きくハズレたことで、買いの意欲喪失という印象。取引開始から30分で50円ほどマイナスになった後は動かなくなり、また後場の値幅は僅か30円ほどしかありません。

東証1部の売買代金は、たったの1兆5251億円です。
やる気の無さが売買代金に表れています。

〇投資家心理は少し悪化
米国株がこれほど大きく上昇しても34円安では、ガックリする投資家が増えたかもしれません。
投資家心理の悪化は、手控えと手仕舞いにつながります。

〇私の投資は

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。