投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ50件目 / 全5155件次へ »
ブログ

米国株は雇用統計が好感され3指数揃って大幅高

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/

ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

10月7日 月曜日

米国株について
ダウ平均は372ドル高の26573ドルで取引終了。
雇用統計が好感され、取引開始から30分で200ドルを超える上昇に。午後は高値揉み合いから上放れすると、引けにかけて右肩上がりになりました。

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.42%高(372ドル高)、ナスダックは1.40%高、S&P500指数は1.42%高。3指数揃って大幅高になりました。

〇S&P500指数の業種別動向
下げた業種はありません。11業種全てが上昇しています。
上昇率の高い順
金融、情報技術、ヘルスケア、生活必需品、公益、通信、資本財

〇ダウ構成銘柄の動向
下げた銘柄はありません。30銘柄全てが上昇しています。
上昇率の高い順
アップル 2.80%高、メルク 2.73%高、トラベラーズ 2.28%高、JPモルガン 2.17%高、ユナイテッド・ヘルス 2.06%高

〇経済指標
9月の雇用統計は、前月比13万6000人増になりました。
市場予想を1万人ほど下回っていますが、8月分が13万人増から16万8000人増に大きく上方修正されました。

失業率は、8月の3.7%から3.5%に低下。こちらは、1969年12月以来およそ50年ぶりの低水準。

ISM製造業景気指数と非製造業指数の悪化から雇用統計も警戒される状況でしたが、良好な数値で投資家心理が改善。大きな買い材料になりました。

〇引き続き、需給関係が大きく影響しそうです
木曜日は200日線が下値抵抗となり、金曜日は100日線を上抜けました。

長期線は強い抵抗なので、この2本線は下値抵抗になります。

一方で、上値には26800ドルから過去最高値圏までの壁が控えています。

続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。